テーマ:右翼

朝日バッシングの愚本を幼稚な手本として、自らの論理力を鍛える③

小川氏の発言の矛盾――加計学園 画像:https://www.pinterest.jp/pin/683210205944705154/    加計問題では、柳瀬唯夫・元首相秘書官の国会答弁に対して愛媛県の中村時広知事が反論し、両者の主張がまったく違うことで、野党は中村知事を参考人招致を要求したが、与党がそれを拒否。そんなこ…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

朝日バッシングの愚本を幼稚な手本として、自らの論理力を鍛える②

小川氏の発言の矛盾――森友学園 画像:https://ameblo.jp/komi1114/entry-12270824560.html  つづき。 <権力者として通常人を遥かに超える監視や批判に耐えねばならない(4頁)>と言っておきながら、安倍首相の人権侵害を訴え、<権力批判として許容される範囲を超えている(同前…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朝日バッシングの愚本を幼稚な手本として、自らの論理力を鍛える①

 この記事はブログとは別で書いたものですが、せっかくなので載せようと思いました。もり・かけ問題を知らない人にとってはチンプンカンプンで、眠たくなるかもしれませんが、ちゃんと読んでいただければ論理力は鍛えられると思います。  そして読み終わった方はすぐにこう思うことでしょう。小川氏のこの本は、政治のジャンルじゃなくて精神世界のジャンルに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やがて日本は愚かな戦争に巻き込まれていく②

安倍一味と自衛隊が蜘蛛の糸のように絡まり、決して離れることはない   自衛隊退職者の最大組織である「隊友会」の支部「東京都隊友会」が、憲法改正を求める署名活動をOBに呼びかけ、その署名の送付先として「自衛隊東京地方協力本部予備自衛官課」を指定していたことがわかりました。  都隊友会は、前回も取り上げた極右団体「日本会議」系の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

やがて日本は愚かな戦争に巻き込まれていく①

公文書の改ざんまでしている御上なのに、それでも支持してしまうという異常さ  公文書……それは、政策や意思決定の経緯や結論が書かれ、のちに検証する際の重要な資料になるものです。2007年、消えた年金問題、により、公文書がきちんと記録、保管されていなかったことで大問題になりました。  透明性を確保するのが公文書。刑法には「公用文…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

極右化する日本とヘイトスピーチに感動し涙する愚者たち

 ……憎しみは耐え難い程重い荷物。怒りにまかせるには人生は短すぎる……我々は敵ではなく友人である。敵になるな。激情におぼれて愛情の絆を断ち切るな……仲良き時代の記憶をたぐりよせれば良き友になれる日は再び巡ってくる……  この言葉は、1998年に製作された『アメリカン・ヒストリーX』という映画の中のセリフの一部です。 画像:h…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more