テーマ:国家緊急権

民主主義の終焉と軍事国家への移行①

はじめに    オランダ・ハーグの仲裁裁判所が今月12日、南シナ海での中国の海洋進出に対してフィリピンが「国連海洋法条約」に基づき提訴した裁判で、中国が主張する「九段線」に国際法上の根拠がないと認定しました。中国はこの海域で人工島を作り上げることで実効支配しようとしていましたが、裁判所は「人工島は島ではない」とし、「無効」を宣言した…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more