テーマ:アルバート・パイク

世界のすべてを疑え あなたはこれまで嘘をつかない人間に出会ったことがありますか?①

トランプも結局は既存の米国の路線に乗っかる(イスラエル擁護)  エルサレムに米国大使館を移し(暫定的な移転で最終建設地は未定)、かつイランとの核合意から離脱したトランプ。中東を混乱させ、パレスチナの人びとの心を傷つけ、その傷ついた心から絞り出すように叫ぶ声が暴力で制止され、しまいには殺害される……米国内のバカどもから「ノーベル! …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

救世主の登場は新たな憎悪の始まり

トランプを「イスラエルの真の友人」と言ったネタニヤフの意図  ……ノアの子でハムの孫であるニムロデは紀元前、「バベルの塔」の建設に取りかかりました。「天にも届く塔」の構築は、ニムロデが「自分たちの繁栄は決して神の慈悲ではなく、自分たち自身の力だ!」という考えの固持、また、もし神が再び地上を水で覆った場合(神による大洪水)、水が自分…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more