テーマ:イスラエル

日本のカジノ問題から透けて見える裏権力の話

カジノ肯定の正当性が全て無に帰す 画像:https://casino-navi.net/m_info.php?type=parts&id=PA000000000000137879  2年近く前、ある記事を書いた中で、日本のカジノ問題について少しだけ触れました。まずはそちらを引用したいと思います。  ……なんかここに…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

なぜ日本はアメリカの「犬」であり続けるのか? その一つの理由……人質……

XKEYSCOREとは?    エドワード・スノーデン……米国家安全保障局 (NSA) およびCIAの元局員であり、システム分析官として、全世界に対するNSAの「PRISM」による盗聴の実態と手口を内部告発した男。『PRISM』という検閲システムによって、電子メールやチャット、電話、ビデオ、写真、ファイル転送、ビデオ会議、登録情報な…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「この世の終わり」の伏線ともなりうるトランプ発言の“ヤバさ”を知るべき 第2回

国連の無能さ  国連安全保障理事会が、トランプの「エルサレムをイスラエルの首都に――」発言の撤回を求めるも、米国の拒否権で廃案になり、「トランプ、なめんなよ!」とのことで、その後に開かれた緊急特別会合では、発言撤回を求める決議案が賛成多数で採択されました。これよって、アメリカは孤立……なのでしょうか? んなわけない。そう見えるだけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「この世の終わり」の伏線ともなりうるトランプ発言の“ヤバさ”を知るべき 第1回

「エルサレムをイスラエルの首都に」発言は、すぐに世界を泥沼化させるだろう  今回、タイトルは違えど、一応、「北朝鮮の……」の続きとして書いています。あらゆる脅威が同時多発しています。そのすべてを点として捉えるのではなく、線として、一つの繋がったものとして見てください。尚、「なぜ、この発言が問題なのか?」は、本文後半にかけて徐々に説…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第6回

 支配のためにはすべてを見通す目が必要 画像:http://galacticconnection.com/evidence-of-fraud-in-the-war-on-terror/    北朝鮮は、もうこれ以上は我慢できない、というぐらいに追い込まれています。明らかに暴発寸前です。  世界各国による国交断絶、大使の退…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第4回

北朝鮮の判断一つで第3次世界大戦が始まる  人類史上、「世界大戦」と呼ばれるものが二度も起きたのは、それぞれの国が世界の中で孤立するのを恐れ、相互扶助を求めてきたことの現れです。つまりは、「あいつがやられてるなら助けないと」ってこと――。でも、ホントのホントは、「あいつがやられたら、つぎは自分に被害が及んでしまうから」または、「あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

1957年発刊『肩をすくめるアトラス』は、今も支配者層の行動指針である

アトラスとフリーメイソン  ……リー・ローリー……アメリカの彫刻家として有名な彼は生前、数々のプロジェクトを手掛けてきました。同じく彫刻家であるバートラム・グッドヒューと共に、「ロックフェラー礼拝堂」を建造したのは彼です。この2人が手掛けた建造物は、常にオカルト象徴主義に溢れています。「ロックフェラー・センター」の第5入場口の上に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more