テーマ:北朝鮮

もし私が金正恩なら、こうやって世界を騙す

前回の記事のつづき  前回の文末、ゴグとマゴグについて少し書きました。彼らはサタンに指導されて神の民に戦いを挑むが、結局は滅ぼされると。そして、マゴグのゴグを率いたのは北の王であると。イスラエルはその王を金正日と見ていましたが、いまや息子(正恩)に引き継がれている。ということは、自分たちを神の民と思っているユダヤ人は、北の王たる正…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

金正恩の笑顔は本物か? それとも虚構か?

たとえ朝鮮半島が平和になっても、北の独裁体制だけは維持される  韓国の文在寅と北朝鮮の金正恩が、38度線のある板門店の韓国側施設「平和の家」で朝鮮半島の非核化を実現する「板門店宣言」に署名しました。全文記事を読みましたが、すべてにおいて言えるのは、「敵対行為を全面的に禁止する」ということです。  もし今後、近未来、遠い未来、…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第6回

 支配のためにはすべてを見通す目が必要 画像:http://galacticconnection.com/evidence-of-fraud-in-the-war-on-terror/    北朝鮮は、もうこれ以上は我慢できない、というぐらいに追い込まれています。明らかに暴発寸前です。  世界各国による国交断絶、大使の退…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第5回

ウサマ・ビンラディンの息子登場  今やどこのメディアも口をそろえては、「イスラム国の掃討作戦は大詰めを迎えている」と言っています。毎日のようにイスラム国の動向を一面で報じていたのはもう過去の話で、いまや、たまにイスラム国を小さく取り上げる程度です。それと共に人びとの関心も薄れていく……というか、もともとそんなに関心がない、「もうす…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第4回

北朝鮮の判断一つで第3次世界大戦が始まる  人類史上、「世界大戦」と呼ばれるものが二度も起きたのは、それぞれの国が世界の中で孤立するのを恐れ、相互扶助を求めてきたことの現れです。つまりは、「あいつがやられてるなら助けないと」ってこと――。でも、ホントのホントは、「あいつがやられたら、つぎは自分に被害が及んでしまうから」または、「あ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第3回

日本は江戸時代へと逆行するのか?  2日前、トランプはホワイトハウスでの閣議において、「北朝鮮をテロ支援国家に再指定する」と表明しました。「北朝鮮に圧力をかけることで、核ミサイル開発をやめさせる」という意図のようですが、わたしは、前回の記事でも言及したように、「アメリカは北朝鮮に対して、着々と戦争準備を推し進めている」と見ています…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第2回

ひょっとして、アメリカは北朝鮮をあえて煽ってる?  先日、米空母である『セオドア・ルーズベルト』『ニミッツ』『ロナルド・レーガン』の3隻が西太平洋に展開した、というニュースが報じられました。北朝鮮はこれを挑発行為とみなし、アメリカを恫喝するために「水爆実験の可能性」を示唆しました。  北朝鮮は明らかに追い込まれています――。ネッ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

北朝鮮の脅威は新世界秩序の一端を担うのか? 第1回

北朝鮮の脅威が日本の年金制度を救うという皮肉  先日、来日したトランプは、ポチたる安倍を手のひらの上に乗せ、米国製の兵器を大量購入することを明言させました。これで、北朝鮮の弾道ミサイルなど恐れるに足らず、とでも思ったのでしょうか? いや、思うわけがない。安倍は、トランプに自分が踊らされていることをわかっている。わかっているけども言…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more