テーマ:3.11

『反原発論』~原発を肯定できる理由は皆無である~

……第二次世界大戦の大きな目的として、戦後の原子力エネルギー利権を見越した原爆開発計画があった。その威力と人体への影響を実験するには、原爆を使用するまで戦争状態を続ける必要があった。これは原子力マフィアにとっての都合であるが、日本も原爆投下までは降伏する気はなかったのである。戦後の原子力利権の分け前を存分にもらうためには、日本にとっても…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more