私は山本太郎を心から誇りに思う

 山本太郎の言動や行動を見て、ただほんの数十秒彼を見ただけで、たったそれだけで、彼の人格すべてをわかったかのように判断し、「彼は国会を軽視している」「彼は政治をお遊びでやってる」などと批判する人がいる。
 山本太郎はこれまでいつも本気だった。そして、これらかも下火になることなくその本気度は続くに違いない。少なくとも、私にはそう思える。心の底からそう思える。

「牛歩戦術? 阿保だな――」。過去、そうやって山本太郎を馬鹿にする人がいた……そんなことは彼自身が一番理解していた。「自分はなんて馬鹿なことをしてるんだろう、って思いますよ」。彼はそのような発言をしたことがある。でも、それでも彼は牛歩をやった。なぜか? 目の前で国民をないがしろにするような法案が通ろうとしている。それを、一日の国会費用がどうのこうの……、国会が先に進まないからどうのこうの……、と周囲に歩調を合わせるなら、それは結局、法案に反対といいながらも実際は賛成する、という“お決まりの流れに乗る”ことだから。野党の存在ってなんだ? 国民の代表ってなんだ? 政治家ってなんだ? 山本太郎はいつもそう考えていた。彼のこれまでの言動がそれを物語る。だから彼は賛成できないことにはいつも全力で反対した。たとえ牛歩を一人でやることになっても……。
ダウンロード.jpg

画像:https://shun-tame.com/politic/943/
 
 しかしながら、最初は一人だった彼が徐々に同調者を増やすことになった。彼の行動が他の野党議員の心に響いたから。ある採決の時、山本太郎の後ろにいたのは森ゆうこ議員だった。彼女に対し、「どうぞ僕を追い越してください」と彼は言った。でも、彼女は彼を追い越さなかった。「あなたを追い越せるわけないでしょ」彼女はそう言った。

 過去、山本太郎が障害者2人を国会に送った時、世間ではバッシングが起きた。「国会をナメてるのか」「国会は遊びじゃねーぞ」。……彼は政治というものに人生を賭けてきた。とはいえ、それは彼自身が利するためじゃなかった。自分を利するためだったら、彼は芸能界をやめていない。

 彼が障害者2人を国会に送った理由は、「世の中に役に立つか立たないかで人間の価値が図られるような、そんな死にたくなるような社会を変えたい」からだった。障害を背負った者、という当事者を国会に送り込むことで、障害を背負った者、という当事者の意見を国会の場で主張させることで、その冷たくて重い、悪にまみれた空気を彼は一変したかったのだ。

 私は当時、彼の考えを知り、なんて物事を深く考える人なんだろう、なんて社会的弱者に寄り添う人なんだろう、と深く感動したのを覚えている。

 彼の言葉一つひとつにはいつも重みがあった。いつも本気だった。いつも真剣だった。だから、彼の言葉は人々の心を打った。


 山本太郎は待てなかった。悪徳政治のせいで国民が壊されていくのをただ黙ってみてられなかった。だから小沢一郎さんに相談し、自らの考えを伝え、「れいわ新選組」を立ち上げることになった。そして彼は、本気で国を変えたい思いが爆発して、演説の場で涙した。


 私はこの動画を見て泣いた、嗚咽するほど。これを見て何も感じない人との議論は無意味だ。議論は世の中の不条理や社会の理不尽に対する疑問から始まるからだ。

 小説家カポーティの作品には『冷血』というものがある。1959年に実際に発生した殺人事件を彼が取材し、加害者や事件の関係者にインタビューすることによって書き上げたものだ。彼はこの作品を書き続けることで、いつの間にか自らの精神に支障をきたしてしまった。この感覚、私もわかる。毎日のようにニュースなどを通して人間の醜い部分を見、それを文字にする。たとえ書かない日でも、脳に刻み込まれる。そうすると、精神がだんだんとやられてくる。そんな状態で、山本太郎の心の叫びを聞いた。彼が見てきた権力者たちの理不尽さを聞いた。彼は涙した。きっと苦しかったんだと思う。その苦しさは、悪の巣窟があるけども、今の自分の力ではどうすることもできない、という無力さへの悲しみなのかもしれない。私自身、そう思っている。

 山本太郎……彼は純粋に自分が助けられる人を助けたいのだと思う。都知事選への立候補理由を彼はこう言っている。

「コロナ災害で一気に多くの人々が生活困窮に陥っている。公園でも駅でも行き場を失った人たちを多く見てきた」
「次の衆議院選挙で、もしも私たちが議席を増やせたとしても、いま目の前にいる人を救えるかと言えば無理ですね。いま1400万人いる都民の生活を直接底上げできる、餓死する寸前だった人たちに対してすぐにでも手立てを打てるんだったら、そりゃ目の前にある都知事選出るでしょ、という話なんです」

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20200615/k00/00m/040/063000c参照

 これを、「綺麗ごと」「パフォーマンス」という人がいますが、それは山本太郎に対する情報があまりにも乏しい中で判断しているにすぎないから。国会議員だった頃、彼はいつも国会で吠えまくっていた。権力者たちは、私たちが知らぬところで、私たちが知らないことをいいことに、私たちをないがしろにすることを積極的にやってきた。権力者たちは税金でメシを食っているのに、国民の生活を支えるための再分配として税金をとっているのに、それを再分配するどころか、自分と自分の仲間たちの懐に入れてきた。国民は、自分が国に収めたお金を悪さに使われているのに、そんな悪い奴らをいい奴らだと勘違いして支持してきた。いい加減、目覚めろよ! そして、山本太郎のように本気で怒れよ。


 表面的なものに踊らされるな、的な発言を私はブログ上でよく言ってきました。何度も何度も言ってきた。プライベートでも、周囲に何度も何度も言ってきた。でも、それでも、どうしても、世の人々は自分の思考を律することができない。ヤフコメ、SNS、YouTube、等々、そのすべてにおいて、毎日のように盲目的価値観が醸成され、盲目的発言がくり返されている。

 元々、野党は東京都知事選の統一候補として山本太郎を擁立しようとしていた。でも、彼はそれを蹴った。普通、蹴りますか? 蹴る、ということは、自分を利するものを捨てる、ということだ。つまり、彼には自分の利を捨ててでも突き進みたい何かがあった、ということだ。しかし、世間はそう判断しない。

検索エンジン ➡ 「山本太郎 スペース 都知事選」 ➡ クリック ➡ 一番先頭に出てきたサイトを見る ➡ 「野党票が分裂する」と書いてある ➡ なので、悪 ➡ ヤフコメでバッシングしよう

 この一連の時間はどれくらい? 3分? 5分? 10分? 

 彼が公約で「五輪中止」を掲げたことで、五輪を待望している人は彼をバッシングするでしょう。その時、選手なら「五輪に出たいから」。その他民間人なら「五輪を見たいから」。たったそれだけでバッシング? 思考能力のカケラもない。五輪開催を支持しておきながら、もし開催したことでコロナ死者が出た場合、開催した政府を非難し、「自分は無実だ」と主張しないでしょうね? いや、主張するでしょう、確実に。どれだけ安易な発言をくり返そうと、自分は未来永劫“無実である”と。死人が出ようと、あなたが直接手を下したわけじゃない。だからこそ、平気で物事が言える。誰かが死んだら、お上のせいにすればいい。自分は一民間人、まったく関係ない。そういって、自分は圧倒的なぬるま湯に浸かっている。そんな人たちの意見は意見じゃない。それは戯言にすぎない。

 政治における「想定外」「真摯に受け止めます」は聞き飽きた。そんな類のことを言っとけば、世間は許してくれると思っている。だからこそ、政治がずーーーっと適当であり続けている。一つひとつの判断に本気度や真剣さがない。魂を込めない。

 五輪開催 or 五輪中止、どちらの判断が絶対善など誰にもわからない。ただ、山本太郎は自分の意見をオブラートに包むことなく「五輪開催は否だ」表明した。それによって大バッシングが来ることは予想できただろう。誰にだって予想できる、こんなの。それでも彼は、堂々とそう言ったのだ。本気だからだ、政治に。忖度なく、遠慮なく、一政治家として、国民を率いる覚悟を持った者として……。

 彼はポピュリストであって、ポピュリストではない。人々の声、社会的弱者の声を全力で拾い上げるが、だからといって拾い上げた彼らだけに利するようなことはしない。日本国民全員が利するための行動を取ろうとする。五輪中止は、その思考の結果生まれたものだと考えてもいい。そんな彼の姿勢にまずは気づくべきだ。それは決して、彼をバッシングするな、ということではない。彼をバッシングするなら、こちらも本気の意見でぶつかるべきだ、と言いたいのだ。自らの意見に本気度がないなら、即刻口を閉じるべきだ。

 国民主権、主権在民、一人ひとりが権力者。一つの票が他人の人生を左右する。その重い一票を、他人の意見の横流しで決めてはいけない。きちんと自分のフィルターを通して、自分の考えとして発しなければならない。

 山本太郎の動画を見てきた人ならわかると思うが、彼は普通の政治家ならまずやらない対話形式での演説にしている。これは相当なリスクを背負うことになる。質問に対する明確な答えができないと、それだけ物事がわからないことを露呈してしまうからだ。でも彼は、自分がわからないことをきちんと「わからない」と言い、会場の中で質問者の答えがわかる人を挙手させ、挙手した人の意見を新たな知恵として、会場の皆で共有しようとしている、毎回。とはいえ、私が数多くの動画を見たところ、彼は質問者のほとんどに明確で秀逸な答えを出している。

 私は数多くの動画を見て驚いた。そして尊敬した。そこには、かつての「メロリンキュー」ではなく、おそるべき知識人がいたのだ。ちなみに、MMTを私がしっかり勉強しようと思ったのは、彼の影響がある。そして彼は、反対意見にもしっかりと耳を傾ける。それがたとえめちゃくちゃふざけた態度での質問にでも。こんな人間を、私はこれまで一人も見たことがない。だから私は、山本太郎は日本史上における最強の政治家だと思ったのだ。

 元東京都知事で作家の猪瀬直樹が、Twitterで山本太郎に対し、「否定形から入る人物は無責任で信用できない」と言ったが、どれだけ抽象的なんだよ! って私は思った。そういうの、いらない。そういう想像上のバッシング、いらない。今、目の前にある事実、目の前にある見解が、現実社会に具体的にどのような影響を及ぼすのか? それに対しての是非だけを問うべきだ。
 読者の皆さん、猪瀬直樹を自分に置き換えてみてほしい。そして私こと、ガンジーの精神がこう質問するとする。「否定形から入る人物は無責任で信用できないとのことですが、その根拠はなんですか? あと、逆説として、肯定形から入る人物は責任があって信用できるということでしょうか?」。さあ、どう答える? 

 そもそもの話、「誰も信用するな」ってことだ。これは私が主張するところ。相手の考えはあくまで自分が物事を判断する上での情報源の一つにすぎない。相手を信用した時点で、それはもう相手の意見であってあなたの意見ではない。こういうことを言うと、「それじゃ、肉親も信用するなと?」などという人が必ずいるが、私は「もちろんそうだ」と答える。そう言うと、これまた「お前は冷たい奴だ」みたいな否定を受けるが、そんな人にぜひとも問いたい。これまで、親兄弟が言うことを1ミリも疑問を持たずに(嘘をついていると思わずに)、盲目的に信じてきたということなのか? と。親兄弟の言うことはなんでも、なんの疑いもなく盲目的に信用しているということなのか? と。そして逆を言えば、自分は学校をサボったことを親に嘘をついたり、勉強をしてないのを親に嘘をついたりしていないのか? と。いや、自分は嘘をつくけども、親兄弟は嘘をつかない? って本当に心の底から思えるだろうか? 

 愛情は信用できる。なぜなら、愛情の発信者がその本人だからだ。あなたへの愛情は他人から借りてきたものではない。でも、言動は違う。言動は情報から生まれる。そしてその情報の発信者は愛情者とイコールではない。言動ははるか前から人々を連なってこの場に辿り着いたものだ。だから、愛情と言動の信頼性は別箇のものとして考えなければんならない

 今回、山本太郎について述べてきたが、将来的に彼が日本のトップ、総理大臣になれたとしても、その上の見えない椅子にアメリカ様が居座っていることを認識しなければならない。その椅子の座を奪わないかぎり、日本は本当の独立国家にはなれないことを。そしてそのことを山本太郎はちゃんと把握しているのだ。だから彼は、「アメリカ様を怒らせないようにしながらも、徐々に日本側の主張を通していく必要がある」的なことを言ったのだ。

 彼は他のどんな国会議員よりもこの世の闇を知っている。ロスチャイルドを知っている。山本太郎は広瀬隆氏から原発の闇を通してロスチャイルドを知っただろう。そして彼は、ロスチャイルドを研究した安部芳裕とも親交がある。アメリカ様を通して、日本がどう支配されてきたかを具体的に知っている矢部宏治氏とも。私が『来るべき時への始まり』を著す上で『プロパガンダ教本』を参考にしたが、この本を書いたのは中田安彦氏。彼は山本太郎の政策秘書をやっている。

 わかるだろうか? 山本太郎はこれまで最強の知識人たちからレクチャーを受け、自ら学び、その知恵を盗んできたのだ。ただ、だからと言って「皆さん、ロスチャイルドがね――」とは公言はしないだろう。彼はいきなりそんな高みをバッシングして無に帰するよりも、まずは自分の目の前、自分が今できることから変えていこうとしている。ここが、陰謀に酔っているだけの奴らとは違うところだ。山本太郎は陰謀があることを重々承知の上で、その陰謀禍の中で自分が動くことで助けられる人を重視する。他人を想う、とは彼がしているような行動のことをいうだ、と私はつくづく実感している。

 さあ、都知事選がスタートする。

この記事へのコメント

カート
2020年06月18日 21:44
すごく考えさせられました…。
動画もそうですが、文章でも目頭が熱くなりました。

僕は思います、山本太郎さんは理論武装していても、最終的な判断は「人を救う」という感情以外の何ものでもないのだろうって。

今のふざけた政治家どもは何なんでしょうか? 出世、お金が判断基準ですよね?

国の持続化給付金事業の委託先を決める競争入札なのに、経産省とズブズブの関係の電通やパソナがつくった「サービスデザイン」に落札するシナリオ…どうせそこから自分たちの懐に入れているのでしょう。

腐った大人たち…。太郎さんの涙の意味がよくわかりますよ。きっと、こんな理不尽さの中にいて、歯を食いしばって抵抗してたんだと想像します。

自分もきちんと情報を判断して、きちんと投票しようと思いました。

すごく勉強させられました。記事、ありがとうございますm(__)m

assassins
2020年06月19日 08:50
悲しくてたまらない…
ガンジーさんは今までの記事で、人間を数でしか見ていないと、よく書いていました。
まさにその通りなんですよね、コロナ騒動に支援騒動を見て痛感しました。

改憲し例の条項なんか始まったら、もう止まらないですよ。自衛隊が転覆するしかなくなる、しかし米軍がいると…

政治家は清廉潔白だけでは政治家になれない、汚いとこもないといけない、と言う人が多い。
しかし自民の今を見たら税金横領ばっかしてる。その事だけで頭がいっぱい、困窮者なんかただの数でしかない。どんだけカネ横取りしたら気が済むんだ⁇棺桶に全部つめてくのか⁇
子供の貧困での、こども食堂もおかしいんじゃないか⁈ 生活保護を門前払いや引き伸ばししてオニギリ食べたかったと、餓死者が出る、なんなんだ⁇
経済大国を豪語するならみんなご飯食えるだろ⁇

議員もバカでゼニゲバだけど、思考停止した国民はもっと…じゃないのかな。
不正こいてるけどせめて全員投票しようよ、投票率下がると自民が勝つよ。
不正だから選挙行かないって、これまた豪語して読者へも無言の圧力かけてるブロガーがいて、腹ただしいよ‼︎ 投票しないのは命取られてもいいってしか思えないよ⁈

都知事選、山本さんですもちろん。そこらじゅうに投票をお願いするつもりです。
前にあちこちで演説ありましたが、泣きたくなるような演説でしたよ。
ガンジーの精神(管理人)
2020年06月20日 02:19
私も、もちろん太郎さんに入れます。

本文でも書きましたが、野党票が割れる、というのは仕方ありません。が、実際は痛手です。それに異論はありません。プラス、私としては、やはり彼には国政に出てほしかった(とはいえ、落選したら出るでしょうが)。だから、それを理由にバッシングする人の気持ちもわかります。でも、彼がそうと決めたのなら全力で応援するまでです。

太郎さんは、宇都宮さんの財源に対するアプローチが納得出来なかったのです。

つまり、assaさんや読者の皆さんにも説明しましたが、現代貨幣理論(MMT)を主張するか否かです。

野党はここを曖昧にしています。唯一、その実効性を主張しているのは、れいわ新選組のみ。故に、国民を救えるのはMMT論者のみ。そこに乗ってこない、曖昧にしている。イコール、太郎さんは宇都宮さんを支持できない。

太郎さん以外、何を主張しようが全ては無駄です。「財政破綻論」が間違ってると認識しないかぎりは。

これはまさに、天動説に対するガリレオの地動説、それは反乱であり革命であり、真実に目を向けることと一緒です。
assassins
2020年06月20日 08:25
知人が参議院は時間稼ぎでしかない、と言ってました。これは極端な話で言うと、衆議院しかいらないって事になりますね。
でもおかしな法案どのみちゴリ押しするにしても、参議院で議論させるべきだと思います。

山本太郎氏、衆議院議員でも都知事でも、投票あるのみ‼︎
痛手…確かに。でも都知事は国の顔でもあり予算も多く、出るなら勝たせたいです。

ガンジーさんの言葉を借りますが、私らは手の平で踊らされてて、そこからどうしても逃げられない、握られたら…と。
ならば1番上を狙うより、下から救済の方が合理的です。表現が悪いかも、すみません。
目の前の人々を救済する、それなら、できる、という話です。

兄に都知事選は山本氏に、と言ったら、だめだ〜あんなの、と言いましたが彼の演説や彼の政策と思いをとことん調べたのか、調べた上でなら仕方ないが、と言いました。
YouTubeが沢山あるので、よく見ておけと。
と、都知事選は山本氏に投票させますけど(^_-)
兄の知人らにも頼むように言いましたよ‼︎

なんだかんだやられても、でもやっばり自民よ〜なんて言ってる脳死民は呆れ果てますよ…
assassins
2020年06月21日 19:12
数日前に、ようやくTwitterなるモノを始めました(笑)読む一方です。

IWJの岩上安身は、明石純平氏という弁護士と対談をするだか、しただかでこの明石氏はMMTを否定してます。
なんでこんな人と対談するんでしょうね…よくわかってないからかな、まぁ色々な人の話を聞くのは勉強にはなりますけど。

この氏の否定論を読んでたら、根本的な事が抜けてる、というか目をそらしてるのかと思いました。
みんな必死に働いてもお金が手元に残らないどころか足りない、消費税や社会保障費とか高額、給料も低賃金、これじゃみんな節約ばかりで消費しないですよ。
景気って消費してなんぼじゃないんでしょうか…みんなお金ないから安いモノに走る、安くしないと売れない。安いから賃金も上げられない、デフレのスパイラルって言うのかな。みんな底辺でグルグルやってるだけじゃん…ここ解消しないと景気良くならないんじゃないかな。
assassins
2020年06月21日 19:18
自粛解除の日、日本橋三越には長蛇の列でした…あんな高いとこ入った事すらない。
毎日、地下鉄乗換で地下歩きますが、まぁ買い物袋ゴッソリ持った高齢者がゾロゾロいますよ(-.-;)y-~~~
あるとこにはあるんだなぁ〜

ガンジーさん、カートさん、LUNAさん、皆さん。みんなコロナ忘れちゃってますよ、この民度って…なんでもすぐ忘れちゃう日本人って…
LUNAさん、スーパーもいまだに忙しいみたいですが大丈夫かな⁇ まだ朝からラストまでやってるのかな、倒れないでよ‼︎
LUNA
2020年07月01日 19:25
今晩は(*^_^*)
大変遅れました…いい加減、仕事も落ち着いてはきましたが、パートさんが辞めたりしばらく実家に帰るなどで、また人手不足に陥りました。
外国籍の方も入国できるようになれば、しばらく帰国するそうで更に忙しくなるかも…

都知事選ひどいてすね、テレビ討論やらないでネットでやってました。まともな討論できないですからね、あのオバサン(笑)ネット討論でも話そらすのに必死だったようです。
私も山本太郎さんに投票しますよ。前の選挙も、れいわの候補者に投票しました。候補者の写真か貼ってある掲示板、見ましたか?
コロナは風邪だ、なんてのもありました(>_<)

山本太郎さんの叫び、涙が出ます。本当は国政に出て欲しいのですが、都知事も総理と並ぶ日本の顔だと思うので当選したらそれはそれで嬉しいです。
LUNA
2020年07月01日 19:31
ワクチンがとうとう出てきそうですよ…いずれやらなきゃいけなくなりますね(>_<)
逃げ道なしにされるだろうし。チップより不妊剤が確実に仕込まれてると思います。

ガンジーさん、私はカレイドスコープさん読んでますがMMTについてカレイドさんは失笑してます。経済に強い方なのに何故なのか…
assassins
2020年07月01日 21:22
今年の夏は猛暑ですね、ヘロヘロ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
カートさん、何かで予算出すとそれに群がり蜜を吸う構図がすっかりできてて、それがバレても平気でいますよね…
その片方では失業し、露頭に迷う者が大勢いるというのに。震災後、自滅党になってから顕著というかあからさまというか。

消えた年金もおわってない、福一も原子力災害まだ続いてる←これなんか、すっかりなくなった事になってるし。
いくら情弱にしても、報道しないにしても、ひどすぎますよ。

LUNAさん、お疲れ様です。
棚卸しとか悲惨な仕事もありますよね、言葉のかけようがありません。

海外はともかく。
日本はまぁ上から下まで、やってるフリがひどいですよ。店内や電車とか混雑してるクセに、レジ並ぶ時や何かで並ぶ時、新幹線のホームの時とか間隔あけたりおかしいと思わないのかな。
毎朝ラッシュいつもの地獄。背中で押して乗るのも毎日ですよ:(;゙゚'ω゚'):

福一みたいにみんなマヒしたんだか、コロナすっかり忘却の彼方‼︎‼︎
満員電車になぜ触れないのかと思ってましたが、どっかの厚化粧バァさんが公約の1つにしてましたよね(苦笑)それだもの決して満員電車には言及できないさっ…

中国新しい豚インフル始まったようです。
コロナワクチン、明らかにヤク仕込まれてると思う。長生きできない病気のタネみたいのも仕込まれて時限爆弾ってのもあったりして…どんな病気かはランダムになるとか。
assassins
2020年07月01日 21:29
そうですね、MMTをカレイドさんは否定してます。
なぜなのかは⁇ ただの理論、としか思ってないのかな⁇わかりません。
assassins
2020年07月01日 21:39
北欧で微量の核種が検出。
原発のメルトダウンでしか、出ない核種があるそうです。
風向きからするとロシアからみたい。しかし事故ってないと言ってる。
衛星写真撮ればわかるとは思うけど…

北欧もロシアも隠蔽体質だそうで。
…………また事故か……
↑東海アマさんの情報より。
ガンジーの精神(管理人)
2020年07月03日 09:22
皆さんに力強く言います、MMTは決して論破できません。この理論に関して、私は頭から煙が出るほど勉強しましたが、論破は無理です。

これまで何十冊もの経済学書を読み、経済に自信があった私は、MTはまがいものだと決めつけていました。でも、心理学も徹底的に学んできた私は、自分のその心理状態が危ういと思い、一度フラットにしてMMTを見ることにしました。するとどうでしょう。これまでの自分の認識が180度間違っていたことに気づいたのです。

これを公言することは勇気がいります。だって、「これまでの自分はすべて間違い。私、馬鹿でした」と認めることですから。だからこそ、知識がある人ほど認めることができない。意地になってでも反論しようとする。でも、無理です。絶対に反論できません。

MMTを肯定することは、これまでの経済学(世界標準)を否定することになります。ノーベル賞学者まで出したものすべてを否定することになるのです。MMTはそれほどの爆弾なのです。

だからこそ、MMTは天動説に対して地動説を訴えるガリレオであり、脅迫を受ける運命にあるのです。