「便利」とは「支配」の言い換えに過ぎない。すべてがオンライン上に移行する時、「人間」は「奴隷」に言い換えられる

はじめに
 加速度的に技術革新が進んでいることが、日々のニュースを通してよく理解できます。15年以上も前になりますが、私が初めてジョン・コールマン博士の著書を読んだ時の衝撃は、今でもしっかりと覚えています。そして、エスタブリッシュメントにとんでもなく見下されてる感というか、なんともいえない怒りの感情から解放されずに、私はコールマン博士が主張したことを周囲に噛み砕いて話しました。で、周囲はどういう反応を示したか? もちろん、頭のおかしい奴、と思われました。幾人かには実際そう言われましたし……。とはいえ、仕方ありません。時代がインテリジェンスに追いついていなかったと言いますか、「実は私は金星人です」のような荒唐無稽な話だと思われたのです(ちなみに、「私は金星人です」と言っている人が実際にいました)。
 コールマン博士はその当時、すでにキャッシュレス社会が訪れることを予見していました。そして、そのキャッシュレス社会は圧倒的な中央監視体制(世界政府)によってもたらされると。

 キャッシュレス……あなたは賛成ですか? 便利……便利だから賛成ですか? 確かに、便利はストレスを軽減させます。そこに嘘はない。私も便利だけを見るなら賛成です。しかしながら、コインの表と裏のように、物事には必ずや二面性があります。キャッシュレスは便利な反面、「単なるオンライン上の数字でしかない」というリスクがあります。2018年に起きた北海道地震では、キャッシュレス決済が利用できなくなり、現金を持っていない人は頭を抱えるしかなかったのです。

 とはいえ、便利のもう一方の面、負の面がそれで完結とはなりません。危機的状況の時に役に立たないのが、キャッシュレスの負の面であることに間違いはないのですが、それはある全体の一部でしかないことでしょう。その全体とは「支配」です。国民生活の支配。
 例えば、現金で買い物をするなら、世界中のどこで何を買っても、そこにあなたの買い物情報を知りたい第三者がいたとしても、知られることはありません。いや、確かに知られる部分はあるでしょう。店員は、名の知らない「あなた」という人物が諭吉を財布から1枚出したことを覚えているかもしれません。「1万円って、細かいのねえのかよ!」と心の中で憤慨していたなら、なおさら覚えていることでしょう。防犯カメラとレシートに打ち込まれた時間帯を見比べれば、あなたの買い物情報を特定できるかもしれませんが、それでもあなたの個人情報は得られません。それだけでも、現金は匿名性があると言えるのです。では、キャッシュレスはどうでしょう。キャッシュレス=オンライン情報ですよね? もし人類皆ハッカーなら、人類皆があなたの個人情報を得られます。そんなのありえない? 確かに。人類皆ハッカーなど、それこそまさに荒唐無稽な話。でも、キャッシュレスの提供側はどうでしょう? その提供側がどこかの権力者と繋がっていたら? または、提供側がそもそも国家だったら? ターゲットとなる人物の個人情報を得ることはいとも簡単です。

 キャッシュレス支配ではないですが、ほぼ同義と言っていいのが「マイナンバーカードの口座への紐づけ」です。先日、ニュースになりましたね。これ、「検察庁法改正」よりも酷い案件ですよ。だからこそ、「芸能人よ、騒げ!」と思っていますが(影響力があるので)、まず、彼ら自身が勉強をして事の重大さを理解しないと無理ですから、神頼みみたいなものです。誰か影響力のある一人でも事の重大さを理解できて、発信してくれればいい。10万円給付をちんたらやっている現在、マイナンバーカードと口座の紐づけは、「迅速な対応が可能になる」というベストアンサーなのです。

 エストニアでは、「電子政府」をスローガンとして、行政サービスの99%がデジタル化されています。そのために必要となったのが国民ID(つまりはマイナンバーのような識別番号)ですが、このエストニアと日本を拠点としてデジタル身分証アプリ事業を展開する企業があるのです。「blockhive」と言います。blockhiveはマイナンバーカードを活用したデジタル身分証アプリ「xID(クロスID)」を提供しています。

 この「xID(クロスID)」に「iTrust 本人確認サービス」を連携して提供開始しようとしているのが、「サイバートラスト」という企業でありますが、この企業は日本初の商用電子認証局を運営し、公的個人認証の総務大臣認定事業者となっています。この2社の共通認識は、「煩わしいサービスをデジタル化すべだ」ということです。その煩わしさの代表例として「ハンコ」を取り上げており(確かに煩わしいですが)、マイナンバーカードを活用することで、驚くベきほど効率化できることを謳っています。そして、ハンコに変わる具体策として「e-sign」を提供します。で、わかるように「e-sign」はマイナンバーカードとの相補性を必要とするのです。

 上記した内容からわかる事実は、あなたの口座がすけすけだよ、ということ。考えてもみてください、毎日のように親が、兄弟が、恋人が、友達が、そして見ず知らずの他人が勝手に財布の中を覗き込む生活を。「あー、嫌だ。口座の中身をすべて現金化しよう」……今ならできます。しかし近い未来、キャッシュレス社会になった時、「現金化」そのものが過去の産物となるのです。で、もし反政府的なことを言って目をつけられたらどうでしょう? あなたの口座の中身をボタン一つで勝手に消されたら? そんな中国共産党みたいなことはありえない? でも大丈夫。いつものように政府が「知らぬ存ぜぬ」を突き通せばいいだけですから。得意技です。で、どうします? 訴えますか? 誰を? 政府を? 最高権力者を? 第一、証拠はどうします? 何もないですよ。だって、すべてがオンライン上にしかないのですから。中国共産党はこんな類を簡単にやりますよ。今だって、香港の民主主義を無理やり変えようとしているじゃないですか。国家安全法で。反中ダメ、反共ダメ、天安門事件を論じたらダメ、と思想弾圧もいいとこですよ。もちろん、デモを起こしたら逮捕される。これは、中国共産党が目指すデジタル・レーニン主義のまだ序章でしかありません。

 キャッシュレスの話に戻りますが、もし個人情報漏洩の対策が驚くほどちゃんとできているなら、キャッシュレスもありでしょう。ところが、皆さんもお気づきでしょうが、セキュリティ対策と個人情報漏洩がつねにイタチごっこです。セキュリティ対策と個人情報漏洩をそのまま「善と悪」という二者対立という視点で見ている人は、ちょっとその視点をずらしてみてください。もし、「善の側も悪がつくりだしていたら?」ということを。つまり、「善も悪の産物(漁夫の利を得たい第三者による工作)」だったら? という話なのです。ありえない? いいえ、ありえます。歴史を見てください。先人の知恵ならぬ、先人の悪知恵が十分すぎるくらいこれまで暴露されてきたではないですか。

 今の日本は、いえ、世界はキャッシュレス推進だけが先走り、キャッシュレス・リスクへの対策が何も構築されていません。私が言っているリスクとは個人情報漏洩リスクの方ではなく、軍事面での話です。「電磁パルス」対策というもの(自衛隊などの公的機関では一部構築されている)。
 電磁パルスの被害を甘く見ている人がいるので、そこについてはちょっと説明しなければなりません。が、科学的な話だとたぶん読んでいて苦になるでしょうから、実生活面で考えてみましょう。

 電磁パルス(以下EMPで統一します)……Wikipediaにはこうあります。

 
原理的にはパルス状の大電流によって発生させることができるが、特に地球の高層大気において核爆発により発生するものが、地上に著しい影響をもたらすものとして議論される……

EMP-Blast-Map-Map.gif

画像:https://www.richardcyoung.com/terrorism/emp-threat/emp-threat-be-prepared/

の「……高層大気において核爆発……」というのは正式名称として「高高度核爆発」と呼ばれています。その名のとおり、高い高度での核爆発ですが、強力なEMPを発生させ、広範囲(水平距離で100kmから1000km程度)での電力インフラストラクチャーや通信、情報機器の機能停止を起こさせることができるのです。
 で、なにも高高度核爆発が起きなくても電磁パルスは発生させることができます。たとえばEMP爆弾。この爆弾を調べたことがある人なら、「EMPって効果範囲が狭いよね? 半径100mぐらいでしょ? そんなレベルのものを気にしてどうするの?」と言うかもしれませんが、その爆弾を発電所近くで爆発させたらどうなるでしょう? という話なのです。しかも何十個と持っていたら? 地震で発電が止まる。EMP爆弾で発電が止まる。どちらも電気が止まることには違いありません。
で、ここではEMP爆弾ではなく高高度核爆発による電磁パルスの影響を考えてみましょう、ある男の生活を例に、ちょっと小説っぽく。

 その日の朝、男は寝坊した。スマートフォンの目覚ましが鳴らなかったからだ。見てみると電源が落ちている。うんともすんとも言わない。壊れたようだ。とにかく、今は仕事へ行かなければ、と男は急いで身支度を始めた。
家を出る前、いつものように栄養ドリンクを飲もうと冷蔵庫を開けたが、電源が入っていない。飲み物すべてが生ぬるくなっている。食べ物はもうやばいかも。背後を確認するとコンセントはささっている。あきらかにおかしい。
 家を出て駅まで向かう。駅までの道のりでどの店舗も電気がついてなく、かつ自動ドアが動かないらしく、手動で一旦開けて、開けっぱなしにしている。
駅に着いたらめちゃくちゃ暗かった。駅員が手に持っているライトの光が、駅構内を右往左往している。改札口は開いたままになっており、人々がホームからこちらに戻ってきている。どうやら電車が動かないらしい。
 家に一旦戻り、自転車で会社へ行ったが、エレベーターが動いていないではないか。15階まで階段を上ってやっとたどり着くと、上司に「仕事はまったくできない状況だ」と言われた。固定電話が使えない。パソコンも使えない。コピー機も、FAXも、コーヒーメーカーも、電子機器の何もかもが使えない。トイレに行って用を足してもセンサーが反応せずに水が流れなかった。
 そういえば、今日は給料が振り込まれる日だけど……と男は急に焦り出した。案の定、銀行が機能していないらしい。お金を引き出せない。社長に言ったが、彼は「決済ができない」とわめいていて、男の声がまるで耳に入っていない。仕事そのものが破壊された。
 政府はどう対応するのだろう? と男は思った。第一、政府がどのように動いているのかこちらから確認することはできない。それに、政府側も国民になんら伝えることができない。
お金……何はともあれお金が一番大事、それをどう確保しようか、と男は考えた。何も思い浮かばない。さらに男は考える。政府が日銀に命令してめちゃくちゃお札を刷るんじゃないか? と。でも、もしお金刷りマシーンを管理しているコンピューターがやられたら、刷れないじゃないか。仮になんの被害もなく刷れたとしよう。でも、それをどうやって国民に配る? どうやって何千何万という国家機関の人間たちと連携して民間人に配る? 通信機器が全滅している以上、相手が何を考え、どう行動するかがまったくわからない。周囲に大勢の人間がいるのにまるで孤島にいるようだ。 

 てな具合です。で、大事なことは、「最低でもインフラすべてが電磁パルス対応してなければ駄目」ということです。もしそうでない場合、水力発電、火力発電、原子力発電などができなくなります。それらもすべてコンピューター管理していますから。THE ENDですよ、完全に。

 腹が減っては戦ができませんよね。それは同じように、腹が減っては生活ができないということ。なので、人々は近くの農家に直接何か購入しに行こうと考えるでしょう。でも、現金がない。そもそも現金決済システムは崩壊しているのであっても意味がない。農家から唯一何か品を手に入れる方法は、「物々交換」だ。しかし、世のほとんどの人間が第一次産業で働いていない。食べ物づくりの人じゃない。よって、食を得られない。行き着く先は強奪ですか? 生き残りゲーム。道徳の崩壊。まっ、そうなるでしょうね。

 わかってくれましたか、私がキャッシュレスに反対する理由。
 でも、たぶん陰謀史観で物事を見ている人なら「いやいや」とこう考えるでしょう。

「だったら、権力者たちが望む完全デジタル社会による民衆支配ができないじゃないか。それがこれまで描いてきた陰謀なんでしょ? もし、電磁パルス攻撃によって文明前社会のような状態になるなら、それは陰謀を成就できないことを意味する」

 これ、おっしゃるとおりなのです。で、私も自分で反対の主張しておきながら、こちらにも賛成なのです。二面性、それです。私の意見もコインの表裏のように二面性を持っているのです。そして、二面性は弁明でもなんでもなく、どこにでもある、ということ。とはいえ、どの国家も戦争にならないかぎりは高高度核爆発のような技術は使わないと思います。それはこれまで築き上げてきた人類の叡智を反故することですから。で・す・が、権力者たちはその選択肢を決して捨てはしないでしょう。リスクヘッジの原理ですよ。一方通行だと失敗した時にそれ以上は進めない。だから他の道、という選択肢も必ず用意しておく。私はこう考えます。

第一案、民衆をデジタル社会における包括的作戦で支配する
第二案、民衆をアナログ社会における排他的作戦で支配する


 第二案は私の勝手な妄想なので信じないでくださいね。で、なぜ私が第二案の可能性を示唆するのかといえば、かつて「ローマクラブ」が主張した内容がずーーーっと頭の中で引っかかっているからです。彼らは言いました。

ゼロ成長を必要とする

 ゼロ成長とはその名のとおりで「成長させない」ということ。なぜか? ざっくり言うと、地球環境を維持し、人間を維持するため。詳しく知りたい方は上に組み込んだリンクから読み取ってください。で、ついでにこの記事にも目を通してみてください。

 もっと簡単に言うなら、「おい、お前ら庶民の無駄飯食い野郎たちのせいで地球がやべえじゃねえか。だからうちらは考えたんだよ。最大権力を持っていつしか意図的に成長を止める、ってな」的な話。

 洋画『エリジウム』が良い例かもしれません。この映画は荒廃してしまった地球とエリジウムと呼ばれるスペースコロニーを舞台とするものですが、地球には貧民、エリジウムには超富裕層と、完全二分化した社会を描いています。
 超富裕層は、大気汚染や人口爆発によって生活環境が悪化した地球から離れ、衛星軌道上にスペースコロニーを建造しました。
ac7b12bc6de01cc0cb54d79bfc6f3d46.jpg

画像:https://www.pinterest.jp/pin/326018460511313290/

 そのコロニーでは、超富裕層が高度な科学技術を使って快適に暮らしています。一方、地球は荒廃してスラム化しています。
実際問題、超富裕層はスペースコロニーをまだ建造できないでしょうから、地球内で物事を完結しようとしているのではないか? との考えも私にはあります。自分たちだけが電磁パルスを無効化できる技術を持ち、あとは持たない。これをもってさえすれば、簡単に地球内で二分化できますからね。まっ、あくまで一考ですけど。
 
 でも、電磁パルスはよっぽどのことがないかぎり使わないと思います。マイクロチップもベーシック・インカムも、その他もろもろが意味をなさなくなりますからね。まっ、一度世の中をリセットしてから従属させることを条件の再開発(理論さえあれば問題ないでしょう)なら意味はありますが、マネーも落ちるだろうし。が、どうでしょう。わかりません。あくまで選択肢として持っておく、というのは破棄しないでしょう。

 で、デジタル社会を推し進めることに話を戻します。
 先日の話ですが、マイクロソフトが、人々の脳の活動やその他の個人の生体データを監視することで暗号通貨を生成する方法を提案しました。それも特許をとって「WO2020/060606」いるのですが、なんという気味の悪い番号なんでしょう。「666」ってナメてるんでしょうか?
 人間が運動したり、広告を読んだりした際に収集したデータを使って、仮想通貨マイニングをおこなうシステムらしいですよ(ちなみに、「マイニング」の意味がわからない方はこちらへ)。
 センサーによって心拍計、体温、血流、人体の活動状況などをモニターできるようなのです。世の権力者たちは、いったいどれだけ生体情報を手に入れたいんでしょうね。狂ってますよ。中国は日々の健康スコアを数値で示すことに熱心ですし。こちらはアルコール消費量や睡眠時間、歩数といった習慣をもとに、民衆に日々スコア付けをするらしいですよ。このアプリによって、当局は対象者の行動履歴や接触履歴を追跡することができます。

 日本だって対岸の火事ではないのです。超監視社会へと進むための「スーパーシティ法案」を成立させましたからね。知ってますか、この法案? 問題だらけですよ。予想できるでしょうが、彦摩呂のように言うなら、「個人情報の宝石箱や~」です。確かに便利は謳ってます。「丸ごと未来都市」ってスローガンを出しているくらいですからね。車の自動運転、ドローン配送、キャッシュレス決済、遠隔医療、遠隔教育、ロボット監視、行政のIT化(電気、ガス、水道、年金、保険、介護、医療、税金、等々)、預貯金額、ネットの閲覧履歴、GPSによる行動履歴などをAIが分析・管理します。すなわち、スーパーシティとは超絶規制緩和シティということです。そして、これらのあらゆる個人データを一元化することで、快適な暮らしの裏にプライベート・レスをつくるのです。

 誰がこの構想の座長だと思いますか? 竹中平蔵ですよ。ミスター売国奴、竹中平蔵。
 この構想では、

①自治体が国や事業者と「区域会議」を設ける。
②区域会議で事業計画を策定。住民の合意を得る

 言っていますよね? 住民の合意を得た上で、と。しかしながら、住民の同意なくても、各区域会議での判断によって例外的に情報提供ができる、としているんです。なんですか、この矛盾は? だったら、区議会議員と仲良く居酒屋に飲みにでも行って、「議員様、どうか私の個人情報を出さないでね」とでも言わなきゃいけないですかね? 忖度しなきゃ、って。でも、私たちが何をやったところで、彼らはアホ国家に忖度するでしょう。国に逆らうなんて自殺行為ですからね。我が人生、我が身が大事。そして出世とお金。

この記事へのコメント

カート
2020年06月05日 20:20
assaさんが載せたサイト見ました。

たぶん政府が権力を隅々まで使わなくても、一般人がワクチン打たない人に暴言を浴びせることで、その圧力に耐えられなくなって嫌でも打つと思います。

それでも打たない人には逮捕でしょうか。それが当たり前の世の中になる? 誰も疑問を持たない? SNSの誹謗中傷の嵐でよくわかりました、みんな、他人なんかどうでもいいって。みんな、憂さ晴らしをしたくてしょうがないんだって(>人<;)



でも、国民は
assassins
2020年06月06日 08:06
新世界秩序、改め、新国際秩序…
この日本と世界は同じ1つの方向です。どこもそぅ、なんだかんだいってソコに向かってる…
今までそんなのある訳ないだろ、空想だ妄想だと言ってたほとんどの人は、ソコに到達したらわかるのか…いや、わからないだろう。

カートさん、レスありがとうございます。
9月入学、あの日本会議がおしまくってました。4月〜9月の半年は時間あくなら、自衛隊に行った鍛えろ、と。
調整期間だったか、それも加えたら自衛隊に1年いられる、と。
こいつらは常に戦争ありきなのでロクな事言わない反日怪議ですが…
assassins
2020年06月06日 08:18
フィリピン女性の友達がニューノーマルが普通、コロナ前が異常だった、とまた言ってたからニューノーマルの本当の目的はこれこれだと言うと…そんなんだったら死ぬしかないと言いました。
しかし死を選択する人はほぼないと思いますけどね。おそらくフィリピンのTVがプロパガンダやってると思います。
ドゥテルテ大統領も南シナ海の方で中国とモメてたのに、和解したから中国がのさばってきた、とフィリピン人はそぅ思ってます。
また、中国はフィリピンは昔は中国の田舎(省もしくは地方)だったと言ってるそうです。………違いますよね。過去に占領したとか領土だったのは違いますよね。
何でそんな事言いだしてるんだかo(・x・)/
大統領はカネつかまされたんじゃないかと、もっぱらの噂です。

そこらを歩いてる高齢者らは、マイナンバーのおかげで給付金が早くもらえたり、高額医療も簡単に手続きできる、カードあると助かるわ、といった話をしてました。

カードあると助かる ✖️

何かしかの手続きにカード提示させるようにしてるから、の間違いだよね。
私、まだ作ってません(p_-)が、いずれはないとダメになるのかも。
assassins
2020年06月06日 08:55
地下鉄乗りました。
連投すみませんです。

デジタル円も言い出しました。
あとは↓これもバカな話

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb584668d06b26368d23be35b04733588a4e1d29

国内パスポート
通行手形現代版↑


ニューノーマルを日本語で、新しい日常と呼んでるけど、まだまだ幼稚な、ニューノーマル簡易版ですね。
洋画、エリジウムまた見ますね。
トゥモローランド、子供の生まれない世界…これもまた見ます。

なんでもかんでもネットで、核のEMPやられたらなくなります。年金手帳も電子化の話もあるし、便利=丸裸=監視の構図を考えもしないよね…
でもワザとなくすには太陽フレアのせいにしちゃったりとか。

大体にしてマイナンバーで申請もパスワード忘れたり最初からアナログが多い高齢者にはムリです。
道ばたでカード便利さを言ってた高齢者は、ネット申請を姪っ子とか子供にやってもらってました。
難しくても簡単にできますよ〜って、皮膚の下に針プスプスとか…獣の刻印されたりして…
LUNA
2020年06月07日 21:01
全てが便利である、オンラインで何でもできる。
しかし、それを管理するのは誰なのか、AIがやるのか、あらゆる事象に対処できるのか…
全部消えたらどうするのか。バックアップ?!
悪用前提だからダメだけど(>_<)

国際秩序にワクチン!!
カートさん、ワクチンやらないと周りからやられるかも…証明書ないと働けない、通学できない、電車乗れない、コンビニやスーパーに入れないとか…

長年の洗脳のおかげで日本人はみんな同じ、が安心になってます。そのくせ変わり者がいるとハジきます。
ワクチン打たないと周りがすごくなりますよ、きっと。同調圧力です。
LUNA
2020年06月07日 21:17
コールマン氏、デービッド・アイク氏。
アイク氏は最近も動画がありますね、でもYouTubeから削除されてる動画もあるようです。

色々とブログがありますが、軽くザーッと斜め読みしかしませんがコロナはたいした事ないとな、PCR検査はロクなもんじゃなくてパパイヤでも陽性と出るとかアフリカの大統領の動画だったと思います。WHOから毒をワクチンに入れる金をあげる、とやはりアフリカ大統領の動画がありました。告発文書だったかな。
コロナは嘘だというのは?! 種類があるから弱いのと強いのがいるのかも…コロナでなくてもコロナで死んだ数に入れてるとかもネットで言ってるアメリカ人とかも多数。

私は…感染したくないです。

アメリカのデモもアンティファ、中国が支援してるというのが出回っています。渋谷でもクルド人の件から始まりデモやってましたね。
ガンジーの精神(管理人)
2020年06月08日 07:40
なんか悲しいですよ、毎日。ほんとに、ほんとに、ほんとに悲しい。

私利私欲で他人の生活を平気で貶める奴がいます。誹謗中傷で他人の心を平気で壊す奴がいます。平気で他人を見下し、けなし、嘲笑し、時に殴り、蹴り、刺し、撃つ。

空爆で関係のない人々を殺しても悪びれる素振りも見せない奴がいます。

ワクチンの副作用で下半身麻痺になった人がいても、因果関係を証明できないと保障を断る奴がいます。

放射能で台地を傷つけ、人を傷つけても、カネさえ手に入ればなんら問題ないと考える奴がいます。

そしてウイルス兵器をバラ撒き、そういう兵器開発に投資する人間が、他方、抗ウイルス薬やワクチンでボロ儲けします。他人の屍など知ったこっちゃない。

悪徳権力者たちがネット上でプロパガンダを展開し、それに乗っかった大量の人々の無知なバッシングによって、大量の冤罪者を生み出します。たとえその冤罪者が死んでも、自分には責任がないと言います。そして次なる冤罪事件に加担する。

よく考えないから。胸が苦しくなるほど考えないから。嗚咽するくらいに考えないから。自分の心ない一語一句が冤罪者を生まないかどうかを考えないから。自分の安易な見解が冤罪者を生まないかどうかを考えないから。自分の言動、行動一つで相手の人生をいとも簡単に破壊することを考えないから。

人の苦しみが単なる娯楽になる毎日。忙しい世の中、憎悪に溢れた世の中で、傷つく人間がいることを想像できない。想像しない。想像したところで意味がないと考える。だから本当に意味がなくなってしまう。

かつてのドラマ『3年A組』は今の世界の縮図であり、先生役の菅田将暉が叫んだ一言一言は真を射たものだと私は素直に思いました。ドラマだといって馬鹿にできない。もし馬鹿にするなら、馬鹿にする根拠たるもの、論理が必要だ。それがない否定は戯言に等しい。それこそ、何かの偏見に動かされていることを物語る。

そしてそんな偏見をもった究極の人間、権力エリートたちが、自分たちの考えを押しつけて世の中を動かしている。

そんな奴らに騙されないために、形式主義とは縁を切り、中身を、深い中身を見なければいけない。
assassins
2020年06月09日 19:43
ガンジーさんの悲痛な叫び、身にしみます。
輩共は正真正銘のサイコ野郎共です。もぅ昔からの念願が今そこに、です…
通勤など外出する時、人々を見てなんとも言えない気分になる。このうちの何人が生き残れるのか、生き残ってもそれは幸せではないだろう…と。
がんじからめの監視、超管理社会でロボットのように生きていくのだろうか…

アメリカも内戦に向かうのでしょうか…今でなくもぅ少し後か…ドサクサで数百万人の削除リストもありましたよね、
あの大量の棺桶…アメリカ国内にいる多国籍の傭兵みたい奴ら、国旗のないそいつら。
アメリカ市民を殺戮してるのを米軍が見ても、どうしようもないのか…本土で活動したらダメにしても、黙ってませんよね。

ガンジーさん、友人が親兄弟と自分の家族でアメリカに移住しつつあります。シアトルへ。こういったNWOの話も理解しているのに、なんでよりによってアメリカへ。
心配なんです。一時的でも日本へ帰国しろって言ってみた方がいいでしょうか⁈
どこにいようがゴイムなのですが、まだ日本のが命の危険ないかも、って。
5Gの危険はあるけど、内戦みたいになったら削除リストの次には黄色人種がランクインしてたらって…不謹慎な表現ですが( ; ; )

コロナ騒動で弾や銃が普段の数百倍売れたし、心配です。
assassins
2020年06月11日 22:59
自粛解除、緑のタヌ子はすっかり選挙活動にこれをアテてますね、ワイロ大学。
女帝なんたらって本、あれすごいですね。学歴ごまかしてんのはタヌ子だけじゃないし今更驚かない…

山本太郎さんが都知事選出ると、宇都宮さんとで票が割れてしまうような…
投票率は上がるとは思うけど割れちゃったらどうしようもないのでは…

石破議員と中国毒まんじゅうなあたりすぎた脳梗塞もどきの2Fが接近というか…
↑えらい言われようですね(笑)

アメリカの内戦もだが、北の動向も気になります。それとシアトルもデモでゴタゴタ起きてる…友人は市内に住んでるのですが、自宅にひきこもってるみたいです。
一時帰国にしても飛行機ないし、心配です。
assassins
2020年06月15日 17:57
梅雨入りしましたが、猛暑です。
ご注意下さいませ(°▽°)

イスラエルのヨルダン川西岸地区併合計画

なんか↑どうなってるのか…

中国と台湾もキナ臭い…