多くの人々は孫悟空であり、筋斗雲に乗りながら自由に飛び回っている(正しい意見を言っている)と思っている。実際は、お釈迦様の手のひらの上で踊らされているにもかかわらず――検察庁法改正案――

はじめに
 多数の芸能人が「検察庁法改正案」について反対の声を上げている昨今、それに関するどれかの記事コメントを見てみようと思い、少し前になりますが、俳優の井浦新さんが「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。この国を壊さないで下さい」と発言した記事に決めました。で、見てみると、めちゃくちゃコメントがあるじゃないですか。私が見た時で1000以上もありました。
 いくらか目を通しました……愚かですよ。がっかりですね。これじゃ、一生羊のまま檻に入っているしかなさそうだと思いました。閲覧したコメント群の中から、私が書きたいことに繋げられるようなものを2つ載せます。
コメント 2020-05-13 212125.png

コメント 2020-05-13 2121252.png

 
 上のコメントでは次のように言ってますね。

 
ただの定年問題ですが…。定年が65歳になることに、どういう問題があるのか? 野党はなんだかすごい問題があるかのように言い立てているから、伝聞や議員の説明を読むのではなく、メディアでもなく、法律の原文を読んでみるべき。まじめに、一度法案見てから文句言いなよ。


 きっとこの人は法律を読んだのでしょう。いや、わかりませんよ、自分は読んだ体にして、言説を弄することで優越感を味わいたいのかもしれません。人間は「主張的自己呈示」からは決して逃れられませんからね。それは私もです。まっ、とはいえ、ここではこの方がきちんと読んだということにしましょう。で、言いたいことは、定年延長……まったく問題ない、ということです。そこじゃないのですよ、問題は。やばいのは、「内閣の裁量で定年を延ばせる」というところなのです。だから私は、定年延長は単なるミスディレクションさせるものだと思いました。バーターの類です。
 
 検察庁法改正案は「束ね法案(複数法案を一括審議する)」として提出されていますが、定年を63歳から65歳なんかどうでもいいのです。そもそも、延長したところでほとんど意味がないと言えます。なぜか? 検察官は任官後25年を過ぎて50歳前後になると50%~60%が離職するからです。えっ、なぜ? って話ですよね? ブラックだから? とはなりません。ホワイトのまま離職し、次なるホワイトへ向かうだけです。
 検察は法曹資格を持っているので、検察官をやめて弁護士業に転じたり(いわゆるヤメ検)、大企業に天下って顧問弁護士になったりします。なので、問題はまさに「内閣の裁量で定年を延ばせる」という一点なのです。
 下のコメントもまさに同じ。そして下の方は自分が政府に鼻くそみたいに扱われていることをわかっているんでしょうか? いないのでしょうね、だからこんな意見になる。滑稽ですよ。鎖に繋がれた奴隷が、主人に向かって「あんた、ちゃんと仕事やってると思うよ。俺は応援するぜ」と言っているようなものです。

 この問題は、過去、国家公務員法を適用させて東京高検検事長の黒川弘務の定年を半年延長する閣議決定をしたことに始まります。知ってますか? 国家公務員法を検察官に適用させちゃ駄目なんですよ。そもそも、国家公務員法の勤務延長は検察官には適用されないことになってるんですから。だから閣議決定すること自体が違法なわけです。でも、しちゃった。やっちゃった。だから今、法律を変えて「違法な閣議決定だったのを合法化しちまおうぜ!」と後日談ならぬ後日法ということなのです。

 ここで一つ疑問が起きることでしょう。なぜ検察官だけが国家公務員法の枠外にあるのか? と。簡単に答えるなら、「検察が政府から一定の独立性を保つため」だからです。だから検察には、国家公務員法とは別に「検察庁法」というのが出来たのです。つまり下記のとおり。

国家公務員の定年 ➡ 国家公務員法
国家公務員(検察官の定年) ➡ 検察庁法

 検察庁法によって検察官の定年は決まっているのです。で、さっき言ったこと、「検察が政府から一定の独立性を保つため」を踏まえると、あきらかにおかしいですよね。だって、政府が人事介入できるようになる、って話じゃないですか。ここに気づかない人があまりにも多い。少なからず、反対の声を上げたキョンキョンあたりは気づいているんじゃないですかね。わかりませんけど。で、野党が言います。「じゃ、その時の文書(閣議決定に至るまでの)を見せてくれ」と。与党の答えはこう「ない」。びっくりですよね。「ない」ですよ。こんな言い分らしいです。「行政文書取扱規制上の文書じゃないから」。
なるほど。もり・かけ、桜を見る会、ときてまた同様ですか。どう考えても違うだろうに。公文書というのは法によって文書作成が義務づけられているのです。

 おそろしい。法治国家ではなくまさに放置国家なのです。
 誰が次の首相になるかはわかりませんが、次の内閣が政治を進める上で、もり・かけ、桜を見る会、のように愚の骨頂を踏襲することでしょう。で、野党がつっ込めば、黒川orその他が検事総長の力で揉み消すのです。検察官はよく「独任官庁(一人一人が独任制の官庁として検察権を行使することから)」と言われています。ですから、正義感のある検察はパワハラに怯えることなく、忖度することなく自分で自由に仕事ができるのだ、と。で、こんなことを言っている人がいました。
コメント 2020-05-12 225254.png

 
 日弁連が三権分立を揺るがす、と言っているのです。法曹界のプロ集団が言っているのですよ。なのに、ど素人の一個人が何を知ったかぶりをして意見してるんだか。
 以下において、行政が幻想だということをお知らせします。まずは、検察庁法をいくつか見てみましょう。

第七条
検事総長は、最高検察庁の長として、庁務を掌理し、且つ、すべての検察庁 の職員を指揮監督する。

第八条
検事長は、高等検察庁の長として、庁務を掌理し、且つ、その庁並びにその 庁の対応する裁判所の管轄区域内に在る地方検察庁及び区検察庁の職員を指揮監督 する。

第十二条
検事総長、検事長又は検事正は、その指揮監督する検察官の事務を、自ら取り扱い、又はその指揮監督する他の検察官に取り扱わせることができる

 いったいどこが独任官庁なのでしょう? 検察官は上下一体をなし、裁判官におけるような職務の独立はないのです。通常の官僚組織とほとんど変わらないのです。で、言いたいことは。

これまで、検察庁は内閣から独立
とはいえ、検察庁内部における検察官の独立性はなかった
今回、検察庁法改正案で内閣と検察庁が密接に結びつく
内閣と検察庁の蜜月の常態化、その蜜月が現場の検察官にまで影響を及ぼす
➡内閣に都合の悪い奴を、検察庁を通して、現場の検察官を通してぶった切る

 以上のことから、同じ行政の話ね、とは決してならないのです。実際問題、検察の権限は司法権にまで及ぶからです。行政の一部である検察は司法の一部も担っているという現実です。

 日本における起訴後の有罪率は99.9%です。この率が何を意味するかといえば、検察官の役割が裁判の行方を担い、裁判省は有罪か無罪かではなく、有罪を改めて確認するところになっているのです。そしてこの99.9%は無言のプレッシャーにもなると想像できます。検察は起訴して公判で有罪にできなければ失点することになる。だからこそ血眼になって有罪に持ち込もうとする。その仕事量には感服しますが、内容はどうでしょう? もし矛盾がでてきたら? いえいえ、矛盾なんてありませんよ。矛盾はゴミ箱に捨てればいいのですから。

 もしすべてがまっとうな裁判になるというのであれば、検察性善説が根底になければなりません。でもそんなものはこれっぽっちもない。これまで検察は何をしてきましたか? 日通事件は? 平和相銀事件は? 東京佐川急便事件は? ロッキード事件では一国の首相を逮捕しましたよね? 検察は最強ですよ、だって検察を捜査する機関が日本にはないのですから。検察庁のウラ金疑惑を告発しようとした大阪高検公安部長の三井環さんは、口封じとしか思えないタイミングで逮捕ですよ(三井環事件)。本が出てます。
51iDCOxjZmL._SX335_BO1,204,203,200_.jpg

画像:https://www.amazon.co.jp/検察の大罪-裏金隠しが生んだ政権との黒い癒着-三井-環/dp/4062164507/ref=pd_lpo_14_img_1/357-3201086-6916148?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4062164507&pd_rd_r=797acbda-03f3-4d9a-9f11-e83e30ddef08&pd_rd_w=1aj8B&pd_rd_wg=lrFAm&pf_rd_p=4b55d259-ebf0-4306-905a-7762d1b93740&pf_rd_r=1RSQYXRPKFR4H9PYHB7P&psc=1&refRID=1RSQYXRPKFR4H9PYHB7P
 
 一般人の犯罪は揉み消されませんが、検察の犯罪はいとも簡単に揉み消すことができるのです。そのような絶大な権限を持つ検察に対して、内閣の裁量で定年を延ばせるというのであれば、独立性を持った(まっ、実際は建前上ですけど、それは置いておきます)上での汚職が独立性を持たない汚職へと悪い意味での飛躍です。

 で、「今回の黒川の人事と検察庁法改正案は一切関係ない。だって、改正法案の施工日は2022年4月1日だから」的なことを言っているおバカがいましたが、なんと思考レベルが低いのでしょう。考えても見てくださいよ。たとえば、これはレトリックですが、日本国家のお上であるアメリカ様は日本の首相は安倍じゃないと駄目だ、と本気で思っているのでしょうか? みたいなことです。そうだ、という方がいるなら、申し訳ないですけど相当なおバカです。アメリカ様にとって安倍などどうでもいい。要は言うことを聞く奴なら誰でもかまわないのです。これを黒川に置き換えてみましょう。つまり、黒川なんかどうでもいい。居てもいいし、居なくてもいい。要は政府に従順な奴なら誰でもいい。でも、政府と検察庁の密接な関係は法律で規制されている。だったら変えちゃおうぜ! 変えちゃえば、合法だから堂々と密接な関係を築ける。誰かが変えない限りは未来永劫に……。とはいえ、上記したように検察の犯罪はこれまでもありました。国策捜査の怖さは小沢一郎さんがよく知っているはずです。本来なら犯罪性の有無を取り調べるのに、政権与党に都合のいいように動き、最初から起訴を目的として動きました。小沢さん、さんざんいたぶられましたから。今回の検察庁法改正案について言明していますよ。

 で、今回の検察庁法改正について法務省はどういう見解か。それはトップである大臣の発言でわかりますよ。森法相は「改正案の内容は問題ない。国民の誤解や疑念があり、丁寧に説明したい」と言っていますから。こんなのは詭弁です。そもそも、この検察庁法改正案、なんと法務委員会ではなく、内閣委員会だけで決まったのです。しかも法務大臣が出席することなく金曜に審議入りしてたった一日で委員会採決とは……。あきらかに国民をナメてる。

 皆さんに知っておいてもらいたいことがあります。それは、法務省よりも検察庁の方が格上、という事実です。それはつまり、法務省の事務次官よりも検察庁の検事総長の方が格上ということです。しかも、はるかに、格上です。他の省庁とは違うのです。法務省採用の国家1種職採用試験合格者(キャリア)はせいぜい課長止まりで、それより上のポストには検察庁から出向してきた検事が多く就いているのです。これは「充て検」と呼ばれています。つまり、法務省は実質的に検事の支配のもとにあるということなのです(『面白いほどよくわかる官庁&官僚のすべて』日本文芸社)。だからこそ揶揄(事実上、法務省は検察庁に従属している)するように「法務検察」と言われるのです。

 検察庁法改正案が施行されたらな、今度は「内閣法務検察」と言ったほうがいいかもしれません。

この記事へのコメント

カート
2020年05月15日 18:02
僕もいろいろと芸能人のTwitterみてみました。
人格否定がえげつないですよ。芸能人が言った言葉はもはや関係なくなってます。芸能人は政治に口をだすなとかもありました。それっておかしいですよね(`_´)ゞ
芸能人であるまえに選挙権をもった一国民じゃないですか。
assassins
2020年05月15日 18:38
カートさんの意見、とても同感します。
芸能人とか有名人も選挙権あります、それぞれの思想とかもあります。影響力あるから言うな、ってのはおかしい。
言論の自由はいずこへ…影響力あるとしても、各自がしっかりとした意識さえあれば影響受けないのでは⁇
本当に口封じしたくてたまらないみたいですよ。
今日は見送りみたいになりましたが、どんどんしつこく猛反対しないといけないです。
あのボクチン総理らは犯罪を犯した事を認めてますよね。

外国人によく聞かれるのが、なぜ色々やられてるのに日本人はおとなしいのか、アメリカじゃ撃たれるよ、なんて言われます。
情けない思いをしました…

某党の本部勤務だった方は、参議院は時間稼ぎでしかない、なんて言ってました。
改憲してFEMA日本版なんか作ったら、参議院議員いらなくなるし衆議院議員もほとんどいらなくなりますよね。
assassins
2020年05月15日 18:54
中国が米5000万tを、かき集めましたね。GDPだかGNPの7倍だそうです。
東南アジアの国いくつかは、輸出制限しましたね。そぅですよ、やはり食糧危機ですね…
チラッとTwitterで目にしたのが、北海道から農作物を中国へ、といった企業があるとかでアリババって名前でしたが、やめさせないとって書いてありました。

また、日本国内にいる中国人が中国政府からの指令でコソコソ食糧品をどんどん中国へ送っているというのも目にしました。
これはコロナ始まった頃にマスクや呼吸器とか医薬品、かき集めたテと同じですよね。
この話はメイカさんという方のYouTubeで知りました。
日本はアメリカべったりではあったけど、中国に土下座靴舐めまでやってるんですね。と、すごい言い方が悪いんですが(汗)アメリカか中国かってこれしかないのも本当に嫌だけど。
食糧危機が必ずくるとしても備蓄しきれません(´༎ຶོρ༎ຶོ`)東京じゃ無理です…
LUNA
2020年05月16日 20:58
ヤフコメやTwitterの中には正当な話のようにして、実は何も分かってない人も多いですよ。反対する者他たちに対して反対意見をして正当だろうといったような感じかと思います。
ガンジーさんの言葉を借りるなら、無知の知ではないでしょうか。あとはいまだに1行いくらの人たちも大量にわいてます。いいね、を押していくらっていうのも。それに対して予算までありますね、ランサーズとか。安倍晋三が会食してました。
この世界が目指している事にも全く気づかずに正論だろうっていう人たちは非常に残念です…

検察は完全に独立してないと安倍晋三ら犯罪者はいつまでたっても逮捕されません。