安倍の愚策による日本の終焉。その愚策は誰かからの圧力によって意図的におこなっているのか? 世界の新しい枠組みの中で、日本のリセットを必要とする誰かの……③

はじめに
 世界三大投資家の一人として有名なウォーレン・バフェットは、1月~3月期において5兆円の赤字を出したことを報告し、「世界が変わる」と言って保有していた米航空株をすべて売却しました。航空業界が危機に陥っています。
 業界団体「エアラインズ・フォー・アメリカ」によれば、航空会社は1ヵ月に100億ドル(約1兆700億円)から120億ドル(約1兆2,800億円)の損失を出しているとのことです。この状況から救うために、アメリカは「コロナ・ウイルス支援・救済・経済保障法(CARES法)」を施行し、航空業界の支援に580億ドル(6兆2100億円)を充てました。これにより、アメリカのすべての大手航空会社の社員が給与保証されたと言えます。が、しかし、同法案には条件が発生していました。それは、3月1日時点で運航していた全都市へ旅客機を飛ばし続けなければならない、ということです。普通に考えて、それっておかしくないですか? だって、素人考えでもわかるように、赤字決算になったのは「客がいないから」じゃないですか。なのに、客がいないのに(コロナが続く限り)飛ばし続けたら赤字が膨らむだけであって、それはCARES法で支給されるお金を食いつぶすことになる始末です。実際、同記事では「いまや乗客数は全国平均で20席につき1人程度」と言っているし、航空コンサルティング会社Boyd Group Internationalを経営するマイク・ボイドさんの発言を取り上げ、「座席数の少なくとも85パーセントが埋まっている必要がある」と記しています。まるで安倍のような馬鹿っぷりに思えませんか? 本当に救済する気があるのでしょうか? ひょっとしてパフォーマンス? なんのため? 例の計画のため?

 世界では航空業界の国営化が進んでいますが、日本はどうでしょう。日本航空(JAL)が30日発表した2020年3月期連結決算では、純利益が64.6%減の534億円だったと報告しています。ANAにいたっては75.0%減の276億5500万円。そりゃ、バフェットもすべてを売却することでしょう。
 バフェットに追い打ちをかけたのは原油の急落でした。彼が率いるバークシャー・ハザウェイは、19年4月にオキシデンタル・ペトロリアムの優先株を100億ドルで引き受けましたが、コロナの影響で業績悪化です。4月20日には、原油先物価格が「1バレル=マイナス37.63ドル」と史上初のマイナスを記録しました。「ウエスト・テキサス・インターミディエート(West Texas Intermediate:WTI)」という、「ニューヨーク・マーカンタイル商品取引所(NYMEX)」で取引されている原油の先物価格が原油価格の指標になっています(北米の指標であるWTI、欧州の指標である北海ブレント、アジアの指標である中東ドバイが指標となりますが、WTIが世界でもっとも先物の売買量が多いので、原油価格=WTI、となっています)が、投資家は過剰供給と需要急減を見越して投げ売りをしたのでした。西海岸のサンフランシスコからロサンゼルス沖にかけて30数隻もの大型タンカーが満タンの原油を積んだまま行くあてもなく滞留しているそうです。その量、実に2000万バレルとのこと。
 需要減がこのまま続けば石油業界は大打撃を受けるでしょうが、危惧すべきは信用力の低い米国企業向けの貸出債権を束ねた金融商品『ローン担保証券(CLO)』をシェール関連企業が買い占めているという現実です。FRBがこの事態に対処するためにCLOも含む低格付け債の購入を表明しましたが、この先どうなるかはわかりません。

 「世界が変わる」……バフェットはそう言いました。確かにそうでしょう。世界が変わりますよ、確実に。ここ最近、「ニューノーマル(新常態)」の文字が紙面で踊っていますが、私はニュー・ワールド・オーダーを別の言い方に替えただけだと思っています。ニューノーマルで表現すれば、それはまさにプライバシーの無くなったニューノーマルであり、『1984』の世界の誕生です。世界はビッグ・ブラザーに支配されるのでしょうかね。
20150527092806c2f.jpg

画像:http://asanagi987.blog27.fc2.com/blog-entry-6412.html?sp

 で、安倍は日本をリセットさせる役でしょうか? こんなコロナ禍で改憲がどうのこうのうるさいですが。
 安倍応援団の『産経新聞』2020/5/2朝刊一面の記事はとくに酷かったですね。なんとタイトルが、「憲法の不備 コロナで露わ」です。そして昭和から平成、令和にかけて起きた様々な災害に対して、「法整備で対処してきたためにスピード感があまりにも鈍かった」という内容。すごいですね、愚弄する意味で拍手喝采ですよ。さすが糞新聞。要するに、安倍とゆかいな仲間たちは悪くない。すべては憲法の不備が原因ということを言っているのでしょう。こんな馬鹿ばっかだから日本は終焉へと向かってしまうんですよ。命懸けになれよ! そんなだから、いつまでたっても一人10万円とかいうショボすぎることしかできないんです。ガンガン札を刷れよ。財政破綻が……ですか? なら、なぜ「比較的安全とされる円が買われ……」というようなニュースが何度も何度も報じられると思います? 日本は借金だらけなんですよね? だったら、比較的安全、はあきらかにおかしいですよ。答えは簡単です。日本は対外純資産(外国に対しての債権)が世界最大なのです。これはなんと27年連続。つまり、27年間、金貸し屋として世界一に君臨し続けている、ということです。
20200112-00157426-roupeiro-001-3-view.gif

画像:https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200112-00157426/
 IMFが以前出した日本の経済予測があり、40年後には日本のGDPが25%減ってしまう可能性があるということです。金額にして140兆円近く。「あぁ、大変だ」と終えるのではなく、思考のレベルを上げてみましょう。GDPが25%減る……140兆円減る……人々はただ何もせず黙っているでしょうか? そんなことはない、少なくとも経営者は。経営者はこう考えるでしょう。「そんな状況下でこれまでと同じように売り上げを維持するにはどうすればいいか?」。で、答えがでます。それは万国共通の答え……コストカット。これって、これから先、低賃金労働者が虐げられることになるだろう、という未来予測ではありません。いや、言葉を間違えました。未来予測に変わりはないのですが、虐げがさらに過酷にする、ということ。たぶん、よほどの人じゃないかぎり、私たちが1985年のプラザ合意以降、どれほどコストカットで虐げられてきたかがわからないでしょう。私たちは過去からずっと虐げられてきていて、そのことに慣れ、気づいていないだけなのです。もう、過酷労働という苦行が普通になっているからです。上記した言葉を使うなら、まさにニューノーマルになっていたのです。
 プラザ合意で、日本は暴君アメリカによってドル安円高誘導を求められ、応じ、やめたらいいもののアメリカ様の圧力に屈して、ついにバブルが弾けます。それからが地獄の始まり、成長を維持するためにコストカットを人々に強いてきたのです。そのことについては、尊敬する大西つねきさんが詳しく説明してくれてます。
 大変なのは日本だけではなく、全世界です。IMFは2024年まで世界はマイナス成長するだろうと見ています。で、懸念すべきことは、リーマンショックと同じように住宅ローンだと私は思います。リーマンショックの時はサブプライム証券が関係していましたが(リーマンショックがよくわからない人は ➡ ここ)、新型コロナではまったく違う方向から危機的状況に陥るでしょう。それは、コロナ禍が引き起こす

1、収入の減少
2、失業
3、コロナによる債務者の死亡

 です。3に関しては。団信(団体信用生命保険)による保険の不履行の可能性があります。また、コロナ禍で生き残った人も世界恐慌の中で住宅を競売にかけるかもしれません。で、売却できたとしても、ローン返済額を下回れば住宅ローンは残ったままです。延滞すると住宅ローンは金利優遇の対象外になります。それはつまり、適用金利が上がることで返済額が増えてしまうということです。
 ムニューシン財務長官は、住宅ローン債権回収業者(サービサー:金融機関や伊パン会社の債権を譲り受けたり、委託を受けて回収・管理する会社)に命綱与える計画なし、とのことです。ずいぶん楽観視だこと。

ベーシック・インカムについて
 国際労働機関(ILO)は29日、新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年4~6月期に全世界の総就労時間が、感染拡大前の19年10~12月期と比べて10.5%減少するとの予測を発表しました。これは、週48時間勤務の常勤労働者に換算すると、3億500万人が職を失ったのと同じ計算とのことです。そして、
世界労働人口の38%に雇用リスクがあると言われています。となれば、当然ベーシック・インカム待望へ圧力がかかります。スペインはいち早く「ユニバーサル・ベーシック・インカム(最低所得保障制度)」制度を導入することを決定しました。ちなみに、限定かつ特定条件に当てはまる人だけに給付することもベーシック・インカムと言うので、区別するために、無条件で国民に一定の金額を給付するベーシック・インカムのことを「ユニヴァーサル・ベーシック・インカム」と言いますが、ここでは省略して、単にベーシック・インカムと呼ぶことにします。
 今回、スペインでの導入はあくまで低所得者への給付であり、後述するフリードマンが考えるベーシック・インカムとは違います。

 ローリングストーン誌とのインタビューに答えたアンドリュー・ヤンは、新型コロナウイルス対策として、民主党幹部とベーシック・インカム計画について話し合ったことを明らかにしました。すべてのアメリカ成人に1人当たり毎月1000ドルを与えるという計画です。彼の計画はいたってまっとうです。たとえどんな陰謀があっても、それが一番大事なことだと思います。だから権力者というのはエグイ(もし陰謀があるなら)。人が袋小路に入ったところを狙う。「陰謀に屈するのと死んでしまうの、どっちがいい?」そりゃ、死ぬよりは陰謀に屈するほうがマシですからね、陰謀があればですが。
 コロナ禍による移動制限で世界中の経済活動と物流が寸断されます。そりゃ、皆ベーシック・インカムを待望するはずです。

 そもそも、ベーシック・インカムの本質は「小さな政府」です。簡単に言えば、政府の仕事を減らしたい。一応、生きられるようにはするから、あとは勝手にやってくれ、論です。財政支出をすっきりと一本化し、無駄な事務作業をなくす。だから、貧困者への生活保護のような個別的対処ではなく、貧富を問わず、老若男女、誰にでも一律に支給するのです。なるほど、ではその財源はどうするのか? て話ですよね。無条件ですべての人に一定金額の給付をおこなうというがそうですが、たとえば、国民一人あたりに毎月1万円支給したとしても、日本の人口1億2596万人(令和2年4月1日現在)×年間12万円=15兆1152億円が必要になります。で、当然1万円では生活できないので、10倍して10万円にすると150兆円以上が毎月必要になるということです。で、ベーシック・インカムはその財源を確保するために社会保障費全般をなくすことを考えていますが、社会保障費をなくしたところで、とうてい足りないのです。大増税でもしないかぎりは。ってことで、大増税の足音が聞こえることになるでしょう。それとともに、ミルトン・フリードマンが提唱した「負の所得税」という概念が登場するはずです。ある年収以下の人は税額がマイナスとなり、逆にお金がもらえるようにする、というのが「負の所得税」です。

 フリードマン方式では、国民全員にベーシック・インカムが支給されると同時に、1円でも収入があれば所得税が課されるというものです。つまり、収入が上がってベーシック・インカムの支給額を所得税額が上回るようになって、初めて純粋な税負担をすることになります。
EMl4OdQVAAAyLJ4.jpg

画像:https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E8%B2%A0%E3%81%AE%E6%89%80%E5%BE%97%E7%A8%8E&fr=top_ga1_sa&ei=UTF-8&mfb=P054#mode%3Ddetail%26index%3D66%26st%3D2535
 
 これをするにあたって、年金、雇用保険、失業手当、生活保護、健康保険などを廃止しようとしています。あらゆる行政サービスをなくそうとしています。「でも、ベーシック・インカムがあるから問題ないでしょ?」とお上は言うのです。これによって、フリードマンら新自由主義者が望む小さな政府を実現できるのです。

 で、問題はここ。高所得者から低所得者に機械的に所得が分配されるというところ。たとえば、所得税30%に一本化したとします。ここで気づくことが一つあります。貧困者ではなく大金持ちでもない、いわゆる中間層と言われる人間たちが被害を受けるということです。どういうことでしょうか? 年収300万円の人も、年収3000万円の人も、年収3億円の人も、年収30億円の人も、一律所得税30%ということは、稼げば稼ぐほど儲かる(累進課税ではないので。だから、稼がなければ稼がないほど損をするということにもなる)ということです。つまり、中間所得者はいとも簡単に貧困層に落とされ、大金持ちと貧乏人の二分化になる可能性大ということです。

 
負の所得税には大きなデメリットがあります。それは、所得税が負の部分で格差が起きるということです。
 例えば、収入が0の人で所得税がー90万円(90万円もらえる)と、ちょっと働いて収入が30万円の人で所得税がー60万円だった場合、働いている人と働いていない人と収入の差がなくなります。さらに累進性を高めて収入30万円の人の所得税がー40万円となった場合、この人の収入は70万円となり、働いていない人の方が収入が上になってしまう
https://basic-income-matome.net/archives/188

 
 社会保障を無くさない上でのベーシック・インカムには大賛成です。それによって、人々はもっと人生の選択肢を広げられることでしょうから。これまで挑戦できなかったことへ挑戦できることもあるでしょう。しかし、新自由主義者が掲げるベーシック・インカムは、あきらかに人々を奴隷化の道へと連れていきます。そして、大金持ちにすがらないと暮らせない世界が訪れ、誰も反抗や反論をしなくなります。政府に頼ろうとしても、政府はかなり小さくなっているので助けてはくれません。「すべてはベーシック・インカムで解決済みです」とお上は答えるでしょう。
 高所得者に重税をかければその分、ベーシック・インカムは都合よく機能するでしょうが、それだと平等化の意味がありません。仮に特例を設けようとしても、賭けてもいいですが、絶対に重税などしないでしょう。現状だって高所得者の累進課税をめちゃくちゃ下げているではないですか。高所得者を怒らせたら政治家はカネと票がもらえなくなるのです。だから、ベーシック・インカムを楯に最下層の人間たちに増税を迫るでしょう。だからこそ、現代貨幣理論(MMT)は邪魔になってしまうのです。人々から税金など取らなくても国家運営が成り立つことを知られてしまったら困るのです。そしてこれも賭けていい。政府は企業の最低賃金制度をやめにして、企業側がいくらに設定していいとすることでしょう。

 最後に『1984』のスローガンを記して終わりにします。

戦争は平和なり
自由は隷従なり
無知は力なり

この記事へのコメント

assassins
2020年05月08日 23:14
今晩は。記事upご苦労様です。
皆さんは、コロナの方は大丈夫ですか⁈ どんなに気をつけても色々と工夫しても、うつる時はうつってしまうと思いますが、もぅなんて言ったらいいのか…どうかご無事で、としか言えなくなってます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

ベーシック・インカム。弱者切り捨てですよね、一部の支配側カネ持ちら以外みんなどん底に。羊どころかゴキなみの扱い。
小池タヌ子が党を立ち上げた時だったか言ってたような。
あらゆる陰謀を知りながら、ベーシック・インカムは大賛成のブロガーがチラホラいるのですが、社会保障のないというより毎月もらえるってのに目がいってるんでしょうか…
病気したらどうするんでしょうか…

コロナで海外がロックダウンを解除なり、緩和した場合また感染が増加すると思いますよ、そしたらまたロックダウン。
日本は都道府県により緩和なり解除なり、しかしこれもまた感染増加になると思う。ただ検査しぼるし、無自覚無症状がかなり多いだろうし、発病するかどうか、みたいな。

なんか、感染増加が人々のせいに『すりかわって』ますよ(苦笑)輸入したの誰だよって。
検査隔離しないでほったらかし。クラスターつぶしより、検査隔離ではないのかな。

と、時間も遅いので寝ます。
また来ますね‼︎
カート
2020年05月09日 17:52
2つ質問があります。
1.産経はなぜそこまで安倍さんを支持するのでしょうか?何かそうしなければならないしがらみがあるのでしょうか?
2.ガンジーさんは記事内で本当は税金を取らなくても国家経営が成り立つとおっしゃてますが、想像がつかないので、少し具体的に知りたいです。
ガンジーの精神(管理人)
2020年05月09日 23:08
カートさんへの答え。

1について
 戦後の財閥解体と同時に「経済同友会」という「アメリカの僕となる団体」が発足しましたが(もちろんアメリカ主導で)、その中心人物たちの肩書を見るとよーくわかります。その中の2人を書きますね。

水野成夫 ➡ 産経新聞社長、フジテレビ初代社長
鹿内信隆 ➡ 産経新聞社長(水野の次)、フジテレビ会長

 で、ついでにこの人もいます。

麻生太賀吉 ➡ 長男は麻生太郎

2について
 これは経済原理で長くなってしまうので、のちに記事にします。とはいえ、とんでもなく簡単に言うと、

「日銀は金刷りマシーンを持っているので、借金があるならそのマシーンを使って刷り増しすればいいから」ということです。需給関係が崩れてハイパーインフレになる? ええ、なります。でも、その場合、日銀が毎度のことやっている「売りオペ(市場において、債券・CP・手形などの有価証券を売却することにより、市場の通貨量を減少させる)」をすればいいのです。
 
 だから税金はいらない……となりますが、あったら役立つので、役立つ、という意味でやめないほうがいいです。それは税金を調整することで需要の増減ができますし、「ビルト・イン・スタビライザー(累進課税によって自動的に景気を安定させる)」機能があるからです。つまり、

めっちゃ儲けてる  ➡ めっちゃ税金が取られる
ほとんど儲けてない ➡ ほとんど税金が取られない

 ということ。
assassins
2020年05月10日 18:42
ゴミ売新聞も立ち上がりからして、おかしなのが始めてますね。そして日テレと。

首相官邸↓

https://www.kantei.go.jp/jp/seido/seido_2.html

国民 〉内閣
が、いつのまにか 国民〈 内閣
に、すり変わってる。
三権分立が…(笑)こいつらの願望そのもの。
コロナのドサクサで検察も手を突っ込む法案やってるし、種子法も改憲も。
国民だまらせたくて仕方ないらしい。
LUNA
2020年05月14日 20:28
皆さんお久しぶりです(*^_^*)
時々チェックしてて今見たら更新されていたので感激しました!!
お元気でしたか??

バイトかけもちしてましたが、夜の方がコロナ自粛でとうとう廃業になりましたが......昼間のスーパーが逆に忙しくなりずっとフル出勤でした(T_T)
マスクやトイレットペーパーなどの紙製品パニックは、本当にひどかったですよ。物がない恐怖より人間の方が恐怖でした。

今日は23時までの勤務で、休憩してました。また、じっくり読んでコメントをしますね!!
ガンジーの精神(管理人)
2020年05月14日 22:44
LUNAさん、お久しぶりです。

ブログ記事を書き終えたのでコメントに目を通したところ、LUNAさんの名を発見して嬉しくなりました。実際お会いしたことはないですが、assaさんを含めなんか腐れ縁みたいに感じてましたから。

お仕事が過酷そうで……コロナ感染しないように祈っています。どう考えても無理なんですよね、働かずにステイホームするのは(お金持ちは別)。

私たちに与えられた選択肢は、極端に言えば「コロナで死ぬ」か「餓死して死ぬ」かの二択ですよ。だからこそ、両方の問題を解決させるために(働かずに、コロナがある程度落ち着くまではステイホーム)政府の大規模な財政出動がいるのですが、財政破綻論が幅を利かせているために、そのトリックに皆が踊らされているために(私もそうでした。そしてみなさんに当ブログを通して伝えていましたから、私も戦犯です。責任を感じてます)お金を積極的に刷らないのです。この単純明快なトリックは、山本太郎さんが街頭演説で耳にタコができるぐらいずーっと言い続けてきたことです。

《ギリシャが破綻したのは、ギリシャが自分たちの通貨を発行できないからであり(ユーロだから)、日本をギリシャと並べて論ずるのは間違っている。なぜなら、日本の借金は自国通貨の「円」なのだから、自分たちで刷ることができるのだ》

でも刷らない。「国債無制限発行を可能にする」と言っておきながら、大量に刷る気配がない。

国民総貧困ですよ。本当に。で、これが意図的だろうと私は思っています。

イスラエルのネタニヤフは、子供にマイクロチップを入れたい、と言い出す始末ですし。https://www.jpost.com/israel-news/benjamin-netanyahu-suggests-to-microchip-kids-slammed-by-experts-627381

とにかく、LUNAさん始め、これから生活がもっともっと大変になっていくかもしれませんが(コロナが収束しなければ、間違いなく金融破綻が起きます。今はまだ起きていませんが、起きていない今の状況ですら、1930年代の世界大恐慌に迫ろうとしているのです。ちなみに、リーマンショックの数値はとうに超えています)、生き残ってくださいね、絶対に。変な言い方ですけど。

あと、これまでブログを更新し続けたり、し続けなかったりと気紛れでしたが、モチベーションの問題もあり、ご勘弁願いたく思います。
カート
2020年05月15日 18:13
LUNAさんお久しぶりです。また自分もコメントしにきました。
僕はバイト先が時短営業になったので、生活水準をだいぶさげなければならなくなりました。誰もが大変な時ですね。でもこの混乱に乗じて相当儲けた投機家がいるらしいですよ。なんかの記事で笑顔でこたえてました。今こそチャンスとか言って...空気読めなすぎ。腹立たしいですよ。
カート
2020年05月15日 18:16
ガンジーさん、質問への答えありがとうございました(^ν^)
いろいろとキーワードをいただけたのであとは自分で調べてみます。
assassins
2020年05月15日 18:17
LUNAさん、お久しぶりです(*≧∀≦*)
絶対そのうち来るって思ってました。
スーパーもすごく大変ですよね、忙しくなるし中には辞める人も出たり。かけもちの夜のバイトは廃業って…自粛しろ、しかし補償しない、してもなかなかもらえない仕組みにしてたら経営できなくなりますよね…
スーパーはずっと忙しいかも知れませんが、あまり疲れるなら休む事も必要です‼︎
assassins
2020年05月15日 18:28
カートさん、コロナで大損もいるけど大儲けしてるのもいますよね。
全員がマイナスではないですよね、私も儲けてるぞって記事を目にしましたよ(-_-)
しかし、給付金の遅い事安い事…
私は仕事内容からして不況にはまだ強い仕事なんですが、勤務時間とか減らしたいです。不動産管理のバイトしてます。毎日、都内あちこち回るのでクタクタです。コロナ怖いから電車乗りたくないのに、乗りまくりです。
怖いからマスク重ねてたりしてますよ(泣)たいした意味ないかもですが、気持ち的に重ねちゃってます。
ガンジーさんの生き残って下さい、って言葉が泣きそうになりました…今まさにそぅなっちゃってますよね。せめてわかる人だけでも生き残って欲しいですよ。カートさんは若く、勤勉で柔軟な考えの持ち主です。本当にコロナとこれからくる第二波、第三波、生き残って下さい。
コロナがくるか別のまかれるのかは、わかりませんが…キル・ゲイツとガチキチ仲間らの計画がある以上、必ずやられると思います。もぅどっか無人島にでも逃げたい気分です。
assassins
2020年05月15日 18:29
北海道が最初に宣言だしたとき…ふと思ったのが、試してるのかなと。練習(*_*)

コロナは死者を水増ししてるからウソだ、恐怖をあおってがんじがらめにしようとしてる、とか完全管理監視にしようとしてる、新型コロナウィルスというものはない、とか
おかしな話が今は大量にあります。

しかし嘘と断定できませんよね。
世界中が口裏合わせるって無理がある…

あとは不確かな話を、さも本当だと思い込み発信してたりも。
例えば喫煙者はコロナにかかりにくい、とか。だいぶ前から受動喫煙を問題にし飲食店や会社などから禁煙にしたのは、コロナにかかりやすくするためだ、なんて話も。確かにタバコ売れるわ肺ガンとかになってまた儲かるってのになりますよね。
それなのにどこもかしこも、禁煙嫌煙で。それはこのコロナなのためにだった、みたいな話になってます。相当前から感染症を計画していた、って。
私もそれはチラッと思ったんですがよくわからないです(-_-)

YouTubeで、メイカさんという方が中国とか海外メディアなどの発信をしてまして、そこで日本ではやらないニュースなどを一部、聞く事ができます。中国はコロナだけでなく、内モンゴルでペストで死亡者が出たり、ハンタ・ウィルスというコロナよりヤバイので死亡者が出たりしてました。おさまったかどうかは⁇です。黒人労働者がどうのとかの話、ロシアから中国人が強制退去になり逃げ回っているのは射◯許可も出てる、とか色々そこで聞いてました。

相変わらずYouTube見てます。怪談も一時色々見てて、某番組には時々、能力者ってのが出てきてかなり嘘くさいような気がしますがスーパーナチュラルな能力って本人じゃないとわからないものだから、嘘か本当かは⁇という感じです。
たまたま新しいのが出てて、予知夢をやたら見る女性で、夜10時、山のあたりを走ってる電車、車体には紫のラインが2本。普通の線路ではなく高架のような所を走ってる。
そこに北のフリして中国がミサイル撃つ夢だ、と。
電車を軽く調べると新潟⁈あたりかな…なんて。

そうこうしてるうちに、カレイドさんの511都市伝説記事があり、かなりゾッとしました。あの和光の複合災害カードもありましたよ…
予知夢の人は田舎に着弾、カレイドさんは羽田過密ルートで飛行機墜落かミサイル着弾が…って。あ〜ヤダヤダ(ToT)不気味です。都庁もボロボロの画像もありましたよ。
私の仕事場のうちの1つが、東京タワーすぐなんです。怖いですよ‼︎
2週間前に板橋へヘルプで出向した時があり、かなり低空飛行していてそれも数機いたのであぁあれか、と思いました。