安倍の愚策による日本の終焉。その愚策は誰かからの圧力によって意図的におこなっているのか? 世界の新しい枠組みの中で、日本のリセットを必要とする誰かの……①

はじめに
 ヤフーなどのポータルサイトは、連日のように芸能人の新型コロナ発言を載せています。なんでしょう、この現象は……。今は国家の非常事態なんですよね? いや、国家は確かにそうですけど、構成する人間一人ひとりの非常事態ってことですよ。なのに、なぜド素人(芸能人)の新型コロナ発言を報じる? 建設的なものは何も生まれない。馬鹿なのか? って、あきらかに馬鹿です、間違いない。とはいえ、メディア側は実に合理的です。仕事をする理由は、自らのくいぶちを稼ぐことですからね。このことは人類皆共通。大事な情報を捨てても、より視聴者を取り込める糞情報を提供するほうが理に適っている。でも、それは醜悪と表現でき、さらに「合成の誤謬」に陥ってしまう。人々が大事な情報を得なくなれば、生活に弊害が出る。まっ、ありえないでしょうけど、たとえば、未だ新型コロナ・ウイルスのことを知らず、そのせいで自分が感染してしまっているにもかかわらず、マスクすることなしに(そりゃそうですよね、知らないんですから)電車に乗ってしまう、とか。でも、そんな醜悪なくいぶち稼ぎ連中の中にも、正義感から芸能人が発する糞情報ではなく、専門家による正確なコロナ情報を書こうとする人もいるでしょう。しかし、結局は「集団的浅慮」によって妥協してしまうのです。悲しいかな人間……。

インテリは全能の神を演じたがる
 安倍による愚策が連日のように報じられています。やることなすことがあまりにもひどすぎて、ひょっとして、あえて日本を窮地に追い込もうとしているのではないか? と私は思っています。もちろん、そんなイマジネーションを公言したら頭がおかしいと思われること間違いありません。これまで嫌というほど経験してきましたから、よく理解しています。それでも何度も言いますが、そういう「ありえない」と思うことこそが、策士にとっての餌となるのです。
 
 かつて、エドワード・スノーデンがキャスターである国谷裕子さんと対談した際、国谷さんはアメリカ政府が日本のインフラに「マルウェア(不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称)」を仕込んで、事実上、インフラを人質にしている、という情報の是非をスノーデンに求めましたが、彼は「日本が最良の同盟国であるにもかかわらず、NSAが日本のコンピュータをハッキングし、マルウェア・ソフトを埋めこみ、コントロール権限を奪ってダメージを与えようとしている、というダイナミックな計画に関して言えば、答えはもちろんイエスです。これは本当のことです」と発言しました。で、それが新型コロナとどう関係しているの? とツッコまれるでしょうが、そもそも関係しているかどうかなんてわかりません。ただ、そういう相手を脅せる「武器」を誰かが持っていれば、そしてその誰かがなんらかのグランドデザインを遂行したいのであれば、一国の政策を操るだろう、と言いたいだけです。
 
 前回の記事で私は、新型コロナ・ウイルスが免疫細胞を破壊する能力があることを書きました。上海・復旦(フーダン)大学とニューヨーク血液センターの研究者チームによる調査結果です。研究結果は医学誌「Cellular and Molecular Immunology」に掲載されました。それは、新型コロナ・ウイルスがHIVに見られると同様の害を与える、というものでした。この研究結果にお墨付きを与えることになったのは、HIVを発見して、2008年にノーベル生理学・医学賞を受賞したリュック・モンタニエ博士です。
dr-luc-montagnier-1400x875.jpg
画像:http://hexagonalwater.com/luc_montagnier.html
 
 事の起こりは4月16日、『Pourquoi Docteur』(どうして? ドクター) での音声インタビューにおいて、モンタニエ博士は、新型コロナ・ウイルスが人為的なもので、武漢の研究所でつくられた可能性を示唆しました。後日、このニュースに対して文筆家の今井佐緒里という方が、『検証:ノーベル賞受賞の仏ウイルス学者「コロナは武漢研究所の人工操作」発言をどうみるべきか』という記事を書きました。内容はモンタニエ博士に対しての批判でした。

 内容をちょっと紹介します、が、まず始めに言っておきます。私は、モンタニエ博士を信じるとか、この記事を書いた今井さんを信じるとか、どっちもありません。そもそも、私はこの世の誰一人として信じません。そう書くと、なんてかわいそうな奴だ、と思うかもしれませんが、誤解しないでほしいのです。この世からできるかぎり「冤罪」を減らしたいからそうしているのです。皆さんだって経験ありませんか?「私がやったんじゃないのに、私のせいにされた」みたいなことが。それを笑って許せたり、たとえ笑えなくても、相手の誠意ある謝罪によって許したりできるなら問題はないでしょう。でも、私が今は無き『DAYS JAPAN』を創刊号からずっと見続けて心が潰されたのは、軽々しく他人の言ったことを信じたことによって、ある人間の人生を狂わしたり、ある人間の命を奪ったり、ということが膨大にあったということでした。だからこそ、読者の方々にも、他人の言うことを(盲目的に)信じないでほしいのです。一度、きちんと自分のフィルターを通して、他人の意見に惑わされず、自分でよーく考えてから判断してほしいのです。

 この記事を書いた今井さんは、結論に辿り着くのがあまりにも早すぎます。判断材料がまだまだ足りないはずです。彼女はまず、「世界的に著名な博士」として、モンタニエ博士の生い立ちから書き始めています。生い立ち? なぜ? と思いませんか? 生い立ちなんかどうでもいいじゃないですか。要は、彼の発言内容が事実か事実じゃないか、それだけの話です。たとえば、これまで安倍首相が愚策をしてきたからといって、いちいち彼の生い立ちから書き始める人がいますか? まるで、「これから段階を踏んで人格批判を始めます」と宣言しているようなものです(で、実際批判していますが)。
 彼女はこう言っています。

筆者の見る限り、すべてのフランスの信頼に足るメディアは、この権威の言うことに対して、検証か批判をつけて記事を流していた。反対する根拠は、主に二つあった。科学的な反論、そしてこの人物に対する反論だった。


 まず、後者の「人物に対する反論」はまったくいりません。人物などまったく関係ないからです。世の中には、「人を殺す」と言っておきながら、躊躇してできない者もいれば、「人を殺さない」と言っておきながら、まったく躊躇せずに殺しちゃう者もいます。こういう人間だ、というような人物像の判断には完全なるものはありません。所詮は当人じゃないんですから。もちろん、人間的な傾向、からの想像はできますが、あくまで想像、不確かなものです。どう足掻いても完全な人物像など描けません。描けないものを反論の道具として使おうとするのは、卑怯者のやることです。インテリと呼ばれる愚か者ども(全員じゃない)は、外の世界への考察(自分以外)ばかりがインテリになって、内の世界への考察(自分自身)は相も変わらず幼稚なままです。彼らのような愚か者どもは、みんなひっくるめて哲学と心理学を徹底的に勉強したほうがいい。
「仏メディアの科学的な反論」と題したところでは、モンタニエ博士が言及したインドでの実験結果について彼女はこう書いています。

『ル・モンド』によれば、このインドの「論文」なるものは、科学誌に掲載されたものではない。研究の結論の大まかな概要を公開前に掲載するサイトに、1月下旬、ニューデリーの「Indian Institute of Technology」の研究者が発表したものだという。この発表では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のタンパク質のアミノ酸配列が、エイズウイスル(VIH-1)のそれと「奇妙な類似性」があり、「偶然である可能性は低い」と言っている。


 まず、権威あるものからは程遠い、というような印象操作がつくられています。これは、ハロー効果による弊害です。

権威ある雑誌に掲載 ➡ 真実 
100円の大学ノートにメモ ➡ 虚偽

 となりますか? 物事はそう単純ですか? そうだ、と言う人がいるなら、マインド・コントロールについて学んだ方がいいでしょう。で、次。

「奇妙に類似している」アミノ酸配列――ウイルスの遺伝的遺産によって定義される――は、実際に多くの株でよく見られるものである。だから専門家は批判したのだった。


 これって、なんら批判要素になってないですよ。だって、多くの株でよく見られるから批判したのであれば、物事の決定は、「よく見られる」「よく見られない」にかかっていることになるじゃないですか。よく見られたところで、違うことだってあるでしょうに。この世は不確定要素の集まりなんだから。「俺がしてるのは運動部でよく見られる愛のムチであって、決して暴力じゃないぞ」みたいな。で、彼女は続けて、オーストラリア国立大学の遺伝学者GaEtan Burgio博士を登場させ、「エイズ(HIV)ウイルスの配列との類似性があまりにも少なすぎて、遺伝物質の重要な交換があると結論付けることはできません」という発言を取り上げています。このことはべつに問題ないですよね。専門家という知識人、結論付けることはできない、と安易な肯定や否定に走らない精神。しかしながら、人間に絶対中立はありえませんから、白黒つけられないとはいえ、必ずどちらかに偏ります。この記事の内容から、博士はモンタニエ氏の見解に否定的立場を取ったことがわかります。とはいえ、その否定を断言せずに可能性に留めたことは救いです。なのに、この記事を書いた今井さんは完全否定しちゃってますが。

 モンタニエ博士への批判記事がもう一つあるので、それも紹介します。書いたのは、軍事ジャーナリストの男性です。彼は、『ノーベル賞学者も唱える「武漢の研究施設から人工ウイルス流出」説、やっぱりデマと言えるこれだけの理由』として記事を書いていますが、冒頭でいきなり、「すでに科学的に否定されている人工ウイルス説について、最近またイレギュラーな情報が流れ、SNSや一部のウェブニュースなどで拡散したことがあったので、その間違いを指摘しておきたい」と言っています。おかしくないですか? 科学的に否定? それは、WHOがそう言ったから、を単純思考でイコール「科学的に否定」と断定しているだけじゃなくて? 突然変異と小変異をくり返すウイルスのために有効なワクチンを作ることができず、研究所の人間は未だ模索し続けている。新型コロナ・ウイルスが人間にどのような影響を及ぼすか、の全容がまだはっきりとわかっていないのに、いつ科学的に否定された? 科学的に否定などされていない。WHOとゆかいな仲間たちが否定しただけだ。
 この軍事ジャーナリストもモンタニエ博士をいきなり人格攻撃しています。

 
モンタニエ博士はかなり以前から、非科学的な言動が問題視されていた人物だ。科学的根拠の乏しい代替医療ホメオパシーを推奨したり、反ワクチン(=ワクチンの接種を拒否)を主張したりするなど、科学界から批判されている。


 なるほど、どうやらこの軍事ジャーナリストはワクチンの闇について調べたことはないのでしょう、軍事のことで忙しいのだろうから。ここが大事。自分の専門分野以外のことに関してはとことん調べず、権威ある人の発言に依存する、とうことです。彼は言っています。

 
今回の発言は、モンタニエ教授自身が詳細に解析した結果ではなく、1月末にインドの科学者が発表し、世界じゅうの専門家から否定されて撤回した査読前論文をそのままなぞっただけ。科学的に誤りであることは明確だ。「ノーベル賞受賞者の言うことだから正しいだろう」と反射的に飛びつく前に、一般的と思われる言説とズレた特異な言説に対しては、いったん評価を保留し、他の専門家たちの評価も確認してみる手順が大事だ。


 おそろしくバカだ。科学的にあやまりであることは明確? すごいな、反証実験したわけでもないのに、机上の情報だけで、明確だ、と判断するとは。そして、

批判する側 ➡ 真実
批判される側 ➡ 虚偽

 をあまりにも時期尚早に決め込むとは……きっと、あの世でコペルニクスやガリレオは泣いているだろう。彼は言っています。

 
新型コロナは人工ウイルスで中国の研究施設から流出したという陰謀論は、なかなか消えてなくならない。


 なるほど。まだ、なーーーーんにもわかっていないのに、中国の研究施設から流出した、ということだけは「あきらかにない」と考えていると判断できる。ひとつも明確ではないのに、中国の研究施設から流出した、ってことだけは除外すると。まるで全能の神ですね。彼は同記事の中で、自身で書いているのですよ、ポンペオ国務長官が、「新型コロナウイルスの発生源はなお不明であり、特定するためには、発生源の可能性のある武漢市内数カ所にある研究施設を調べる必要があるとして、中国に情報へのアクセスと透明性を求めていく考えを示している」と。ポンペオが不明だと言っているのに、民間人の彼には答えがわかっているということ。で、彼は続けています。

 冒頭でも書いたように、中国がつくった人工ウイルスか否か、という議論はすでに決着がついている。ゲノム配列の分析から、世界じゅうの専門家が、新型コロナウイルスは動物由来の自然変異によって生まれたとみなしており、人的な加工の可能性はほぼ完全に否定されている。


 実におかしい。彼は「世界中の専門家」と言っていますが、じゃあ、上海・復旦(フーダン)大学とニューヨーク血液センターの研究者チームによる調査結果はどうなるのだろう? 無視を決め込むということか。たとえば、『欧州のウイルス専門家、新型コロナウイルスに「消すことのできない人工的痕跡」』の中では、欧州在住の中国出身ウイルス学者・董宇紅さんが、新型コロナ・ウイルスが人工的な産物だとの見方を示したことを記しています。彼女は、新型コロナ・ウイルスに「pShuttle」挿入の痕跡があるとしています。それは、アメリカの生物遺伝学者ジェームス・ライオンズ・ウェイラー博士と意見交換したときのことで、ウェイラー博士は新型コロナウイルスのゲノム配列を調べていました
yjimage2543AB2L.jpg

画像:https://www.facebook.com/pg/JamesLyingWeiner/posts/
 
 ウェイラー博士が言うには、新型コロナ・ウイルスのスパイク・タンパク質が、このウイルスの他のタンパク質のゲノム配列と大きく相違していて、まったく筋道が通らないということでした。「他の場所から由来したとしか考えられない」と博士は言っているのです。博士は分子生物学のゲノム解析方法で、新型コロナ・ウイルスの不自然なシークエンスを、非ウイルス由来のシークエンスと比較しました。その結果、博士は「新型コロナ・ウイルスが、SARSウイルスの再集合に必要な『pShuttle-SN』と呼ばれる特異の遺伝子配列に非常に近い」と気づいたのです。博士は、新型コロナ・ウイルスが実験室でおこなわれた遺伝子組み換えによって生まれた可能性を示したのでした。博士の発言を次に引用します。

 
pShuttleはウイルスに見られますが、生物には存在しないのです。この配列は、一般的に遺伝子組み換えを行うときに使われます。これは人の指紋のようです。人の指紋がそれぞれ異なっているのと同じように、生物の遺伝子の一部の配列も特徴的です。特徴的な配列はそれぞれ違うのです。だから、(pShuttleを挿入したことは)まるで「絶対に消すことができない人工的な痕跡」を残したということになります。


 そして博士は、この新形コロナ・ウイルスについて、90~95%の確率で「ラボ・イベント(lab event)」によってイン

 だからと言って、博士が絶対に正しいと私は言いません。要は、確実な証拠群が出揃うまでは疑い続けろ、と言いたいのです。上記の二人は疑うことをやめて答えを出しちゃってますから。

日本はこのまま破壊されるのか?

 新型コロナ・ウイルスの影響で経済が荒れ始めています。「東京商工リサーチ」によると、4月24日17:00までに、新型コロナ関連の経営破たんが、全国で93件(倒産66件、弁護士一任・準備中27件)に達しています。
 世界では暴動が起こり始めています。それに相まって輸出規制も。記事の一部には、「世界最大の小麦輸出国のロシアは国内供給を優先し、4~6月の穀物輸出量に制限を設けた」と記されています。これです、重大なのは。「国内供給を優先し……」ってとこ。これに対し日本は、『世界中で穀類在庫が減り、食料価格が高騰した2008年と比べ、潤沢な供給力があり、FAOなど国際機関は大きな混乱は避けられていると判断する。農水省も「日本は、これらの国からの輸入実績は大きくない。影響は限定的だ」(食料安全保障室)とみている」』と言っています。確かに限定的です。でも、それは新型コロナに対してまだ今のところ持ちこたえているという状況だからです。持ちこたえられなくなったら、どうなるでしょう? その場合の対策を、すでに政府はお考えですか? ということです。まっ、ないでしょう。いつものように後手後手か。または、私がタイトルに示したように、誰かからの圧力によってあえて行動をおこさないか、でしょう。

 一つ言います。金のバラマキ、それは正しい。なぜなら、それ以外に方法はないし、政府が金をバラマクからこそ、民間の黒字は増えるから(このカラクリをほとんどの人が知らない)。赤字=悪、概念が人々の頭に刷り込まれているのです。確かに、家計と企業にとって赤字は悪です。でも政府は違う。政府は赤字を出さなければならない。「緊縮財政」「プライマリーバランス」と言った、池上彰さんが堂々と説明する内容こそが、国民を不幸のどん底に落とす。ただし、金のバラマキは是だが、同時に権力者がその状況を利用できるという否も発生する。物事には必ずや二面性があり、一方の選択はもう一方の不幸を招くという現実から逃れられない。たとえば、人類を救おうとすれば地球が滅び、地球を救おうとすれば人類が滅ぶ。あなたはどっち? もちろん、権力者は人類を滅ぼす(自分たち+α以外)方を選択するでしょう。世界総貧困状態での金のバラマキは正しい、でも、同時に利用されてしまう。これは、ユヴァル・ノア・ハラリがまさに示していたことです。

 もしこの先、食料危機がおこれば(まっ、確実に起こるでしょう)、世界が市場に流した膨大なマネーが「食糧中心に使われるようになる」。つまりは、供給を需要が圧倒的に追い越してしまうということ。その場合、食糧にかぎりおそろしいハイパーインフレが起こるかもしれない。日経新聞の2020/04/15朝刊一面では、リーマン時との比較表が出ていましたが、新型コロナでの世界経済の損失が5兆ドル(540兆円)であり、世界の財政出動が8兆ドル(860兆円)にも及ぶと予測されています。問題なのは、リーマンの時は普通に外を出歩けるが、今回はそうじゃないということ。回復しようにも行動できないことが問題なのです。G20は食糧危機を起こさないように共同声明を出しましたが、先程も言ったように、追い込まれれば必ず自国民を優先するはずです。どれだけ共同声明を出そうが、人間関係には必ずほころびが出る。そして、WFPは新型コロナで食糧危機に拍車がかかることを警告しました。

 デイビッド・ビーズリー局長は21日の国連安全保障理事会で演説し、最悪の場合、30ヵ国以上が飢餓状態に陥る可能性もあると予想しました。そのうち、10ヵ国あまりではすでに100万人以上が飢えの瀬戸際にあることも指摘しています。慢性的な飢えにさらされている8億2100万人を加えると、悲惨な状況に追いうらいまり込まれる人は10億人を超すと。「日本は先進国だから大丈夫でしょ?」みたいなド素人言説を見受けましたが、おそろしく無知です。日本はこれまで金融がうまくフィットしてきたから成長してきただけで、「食べて生きる」というだけでみると、飢餓国となんら変わらないのです。そうなった時に初めて日本は、自分たちが「ミダス王」だったことに気づくでしょう。

 では、もし食料危機になったら日本はどうなるのか。先に究極の答えを予測として言います。間違えないでください。あくまで「究極」です。食糧の高騰により、餓死者が出てしまうので、解決策として政府が食糧のすべてを市場から買い取り、「配給制にする」ということ。人間の究極の姿は万人による万人の闘争です。マスクやトイレットペーパーの買い占めがいい例じゃないですか。そういった民衆の生活防衛策に政府は、「国民生活安定緊急措置法」を持って対処するでしょう。または、「生活関連物資等の買占め及び売惜しみに対する緊急措置に関する法律
なども根拠になります。
 
 国土が広く、自国民を養える(自給率が100パーセント)なら、なんら問題はありません。でも、日本は食糧自給率が(平成30年度)カロリーベースで37%、生産額ベースで66%なのです。ですから、もしこのような状況が生まれた場合、(失業状態でしょうから)賃金保証が重要になります。そこでベーシック・インカムの登場です。私は以前からベーシック・インカムに反対してきましたが、それは中身が賛成できないからで、中身が改善されれば絶対にやるべきだと思っていますわかってます、陰謀でしょ? そうです、陰謀を踏まえて言っているのです。たとえ陰謀があっても、国民が安全安心に暮らせるなら問題はありません。新自由主義者は、国民の安全と安心をないがしろにしたベーシック・インカムを導入しようとしているから、だったらベーシック・インカムをやらずに個別保証(一人ひとりの状況にあった保証)のほうがよっぽどマシだ、と考えています。まっ、単細胞陰謀論者は勉学を放棄し、ただなんでもかんでも反対だけを唱えるので、一生知的生物にはなれないでしょうが。
 
 次回、ベーシック・インカムと、その他重要なことについて続きを書きたいと思います。

この記事へのコメント

カート
2020年04月27日 03:54
カートです。
ガンジーさん覚えてくれてますか? お久しぶりです。あれからいろいろと勉強しました。とはいっても、まだまだ自分発信はうまくできないですけど。
ブラウンの世界政府発言には驚きました。知ったのは、ガンジーさんと同じく、assaさん情報からです。パっと盛り上がってパっと消えましたね。世間がこの重大さを理解できないからですかね?
世界が壊れていく、自分の生活も壊れそうでかなりへこんでます。これが自然じゃなく誰かの計画なら許せない。
またブログ読めて嬉しいです。思考の仕方がとても秀逸で勉強になります。しばらくお休みされてましたが、また続けてほしいです。
カート
2020年04月27日 16:13
新型コロナで男性の生殖機能の低下の話が出てます。眉唾物らしいですけど、ほんとだったら人口削減計画の一環ですかね...
ガンジーの精神(管理人)
2020年04月27日 16:38
お久しぶりですカートさん。メールを見てくれたのですね。
過去、メールアドレスを教えていただいた方には、「例の計画が本始動したかも」的な内容を一斉配信しましたが、まさかカートさんから反応があるとは思いませんでした。途中からまったく当ブログを訪れなくなったんで(皮肉じゃないですよ)。まっ、ずっと書くのをやめた自分が言うのもなんですが。
男性不妊の話、私も見ました。科学的見解がまだ不十分なので、判断は下せません。これから注視が必要です。
assassind
2020年04月29日 19:45
カートさん、お久しぶりですm(_ _)m
すごく困難な時代ですね…
壊れてゆく世界…ワザと壊して全てゼロに戻してから例のディストピアにするつもりなんですよね。まるでゲームです。ダメならリセットボタン、PCなら初期化。
みんなそれこそ平和ボケして洗脳され、考える事や疑う事をやめてしまい、もぅ手遅れとしか思えないです。
その中でも生きているなら、そのまま生きていくしかないんですよね…

不妊は、男性がってのもチラッと見たのですがわかりません。

コロナ騒動では日本が1番バカだなと、つくづく思いました。隠蔽ばっか。
自民にはもぅ投票しない、といった声も多数あるけど選挙も不正だし投票率低いと自民が勝つので、どうしようもありません。

毎日毎日、電車乗りまくってあちこち働きに行ってます…誰よりも自粛したい私が。
ウチに引きこもりたいです。仕事の内容からして毎日通勤しなくてもいいような仕事なのに、会社は何も対策してません。
そればかりかやたらこっちに、仕事回してきて迷惑‼︎ こき使われてます。
電車乗りたい放題で都内各地を回って仕事してます_| ̄|○
辞めても次の仕事がなさそうだし…
assassins
2020年04月29日 19:47
ある友人がいて私より10才上の女性や、その友達さんたちは…
こんな時は角栄さんがいたら、と言ってました。角栄さんならしこたま金刷って国民にバラまくだろう、と。

晋型コロナ一味は、給付金だ検査だ医療関連の物資不足だ、9月入学だとか色々とゴタゴタは背後霊らの指示に従ってますね。
相変わらず税金横流しだけはシッカリやってるし。

大阪府知事が結構な人気出てきて、オバさんたちがキャアキャアといった感じで、彼の強硬さがかなりグッときてるみたい…パチ屋の名前公表して逆に大繁盛になっちゃってましたが…
しかし、休業要請でしたよね最初は。お願い、だったのにいつのまにか強制に変わってて今は法律上の休業指示になってますが、そこでちょっとイヤな感じがありました。
最初から指示ならまだしも、民衆のコロナ恐怖やパチに対する嫌悪感をうまく利用しているなって。
パチだけでなく居酒屋などにも嫌がらせする者も出たり、なんかおかしくないですか⁈ 居酒屋はあくまでお願いです。強制休業の指示じゃないです。これって戦時中の告げ口というか周りが周りを見張って…みたいな。
知人の中にはあの府知事が総理だったらいいなぁなんてのもいますよ。私はありゃあかん、と思います。あの人の目がいい感じしません。
ゲイツの目なんかイッちゃってるけど。

なんか遠巻きに色々見てたら、このあらゆるゴタゴタとか民衆の心理なんかは、いつかやりたい憲法での緊急事態条項の練習簡易版みたいにしか思えません。民衆のデータ取りもやってるのかも。
それに政治家やとりまきや、みんな役割分担してうまく役者やの〜って思う。晋型コロナ総理の目的は1つだけです。

補償金も出ますがかなり面倒らしく、ある居酒屋の高齢おかみさんはもぅ10回もやったけど不備がどうのでいつもらえるかわからないと言ってました。まぁ、それもワザと難解にしてるんだけど…
コロナ疎開とか県外ナンバーへの投石とかもありますね、本当、戦時中になってます…

食糧危機も見て見ぬフリしろって言われてるかも。
危機になれば記事にあるその法律だしてきて配給制度になりますね。配給とベーシックインカムとか。
assassins
2020年04月29日 21:35
周りが周りを監視、全体主義の真似事⁈

2012年ロンドンオリンピック。あのオープニングひどいですよ、またYouTubeで見て下さい。
踊ってる看護師、沢山の病床。死神。
青い光の輪みたいのはコロナウィルスそのもの…随分前から計画してましたね。

イルミカードの複合災害。まだ使われてないですよね⁈ あの銀座和光のやつ。
エコノミスト何年だったかあの表紙、日本に2つの矢。311は終わり、511がまだ。
和光の住所が4-5-11、不気味です。
あれもないですよね、横浜みなとみらいの、人影が壁に残ってるカードも。なんなのか⁈ 数字も読み取れるみたいですが。

このコロナ騒ぎで中国は更に厳しくなったとか。外出禁止だとネットにのめりこみそうですよね、そこが情報源になるという感じで。でもそこも制限されていくと、自由な発言すらできなくなりますね。
assassins
2020年05月01日 20:35
チェルノブイリの赤い森が大火災だよ…
ヨーロッパがえらい事になってる。地球を周回するコースになって日本にも流れてくるよ…またかいっ‼︎
カート
2020年05月03日 18:26
assaさんお久しぶりです(^。^)
お仕事が大変そうで…おつかれ様です。
ディストピアが進行中ですね。
政府が対応するまでもなく、一民間人が休業要請後もオープンしていた喫茶店に、「通報します」との貼り紙をしたようです。べつにコロナなんてどうでもいいと快楽を追求したくてそうしてる訳じゃないのに、ひどいですよ。o(`ω´ )o
時短営業してたのに…
店主だって本当は休業したいはずですよ。でも生活のことを考えるとそうできない。借金だってあるかもしれないじゃないですか。
僕はこのブログから学びましたよ。人間がどうしようもない葛藤に立たされてしまう現実があって苦しむことを。
貼り紙した人はそんな人間の苦しみを考えたのでしょうか…
なんか悲しくなります。
assassins
2020年05月03日 20:53
カートさん、レスありがとうございます‼︎
あの自粛警察…ストレスや怒り、間違った正義感。これは全て政府へ向けてほしいですよね…まるでWW2の時みたいになってます。

この自粛警察なんて言葉も、どうせ電通あたりから流した言葉かも知れません。