憎しみの連鎖

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間は神ではない以上、必ず情報に踊らされるA

<<   作成日時 : 2018/03/06 20:41   >>

トラックバック 0 / コメント 5

人間の本質

 人間が兼ね備え、それなしでは生きていけないものがあります……世間体……。世間体を気にするのは「自己防衛本能」から。自分が大事……自分がバカにされることに耐えられない、自分が貶められることに耐えられない、って話です。「それじゃあ、その自己防衛本能とやらはどこから来るの?」といえば、人間誰しもが持つ「自尊心」に行き着くと考えられます。自分が好き、自分が自分を好きにならなかったら、人間をやめるも同じ。もっともなことです。自分を愛さなければ人生は苦しみの連続です。自分を愛する=自分の考えを愛する=自分の行動を愛する……。

 以前コメント欄に、イデオロギーの左右について、いずれ記事にするという旨を書きました。左と右……そもそも左(左翼)、右(右翼)とは何か? 左翼、右翼という言葉は大正時代に海外から入ってきたものです。フランス革命後の議会。鳥が翼を広げているように見えたことで右側の議席を右翼。左側の議席を左翼と呼びました。議長席はいわば鳥の頭になります。右翼には保守(※1)的な人びとが座っており、左翼には急進(保守の反対。革命等の手段により社会構造を変更する)的な人びとが座っていたのです。

画像

画像:http://tomchance.org/2013/11/28/a-defence-of-ideology/

※1 長く存在してきたものは、それだけ「自然」なので、皆に共通認識とされているから現存しているとして、伝統を尊重する。伝統とはつまり、愛着である。だからこそ、愛着あるものを一時の感情(革命)で壊してはいけない。それに、人間の知恵などしれたものであり、革命や改革などうまくいく保証はないとする。また、政治を行うには特別な資質が必要であり、エリートを中心とした政治を重視し、一般大衆の政治参加は不具合を及ぼすとして否定する。


 本来、左翼、右翼に善悪の概念はないのですが、ロシア革命の際、「われわれは左翼であり、そして善である」と主張したため、反対側である右翼は悪と見られるようになったのです(もちろん、右翼は左翼を悪とみます)。左翼が悪の対象としたのは皇帝、貴族、地主。

 日本では60年安保のとき、旧ソ連や中国を通じて日本の左翼が急激に強くなったことに自民党は危機感を募らせました。そのため、自民党はヤクザなども動員して反共闘争を開始しました。ヤクザはここで、「自分たちは右翼なのか」と初めて認識したのです。つまり、右翼=反共となったのですが、「いやいや、俺たちは違うよ」とキリスト教があらゆる分派を産んだように、右翼も分裂しました。そして左翼も、「俺たちだって右翼と同じように国を愛している」と言い出したことで、たんに右翼、左翼で分別できなくなったのです。

 戦前の日本は、企業経営者に対して文句を言えるような雰囲気はありませんでした。低賃金、解雇は当たりまえ。がまんできなくなった人びとは立ち上がったのです(つまりは、左の活動)。その理論的分野を司ったのがマルクス主義でした。マルクスが資本主義を徹底分析し、「労働者による政権が誕生する」と言ったからこそ、人びとは行動できたのでしょう。しかし、労働者による政権が誕生したものの、社会主義は労働者代表以外の政党を認めません。必然と一党独裁になる。すると表現の自由が阻害される。皮肉なことに、声を上げた民たちが、声を上げる民たちを縛る、という構図ができあがってしまいました。

 マルクスは、「社会主義が共産主義に移行する過程で国家は死滅する※2」と予見しましたが、そうならなかったのは、現代人である私たちが知っています
※2 左翼の根底にあるのは、マルクスとエンゲルスが言った「人類の歴史は階級闘争の歴史である」という言葉。社会主義は、社会の財産を全員で共有することによって社会を構成・運営していく思想であり、共産主義は概念的には同じですが、「共に産む」をより強調したもので、生産力がもっと発展して、必要に応じた分配を受けとることがでるというもの。人びとは豊かな生活ができるようになり、戦争がなくなり、国家の必要性もなくなる。


 そして、イデオロギーはマスメディアにも浸透するようになるのです。「たんに右翼・左翼で分別できなくなった」と上記しましたが、それでもやはり性格はあります。


「政府に対する批判度(高)」 
「左寄り」
↑     朝日新聞(テレビ朝日)
↑     毎日新聞(TBS)
|     日本経済新聞(テレビ東京)
↓     読売新聞(日本テレビ)
↓     産経新聞(フジテレビ)
「右寄り」
「政府に対する批判度(低)」


 ここには入れていませんが、ブロック紙である『東京新聞』が一番左であり、一番政府に対する批判度が高いです[ちなみに、私は『東京新聞』の記事に関しては(すべてではないが)絶賛します。原発報道に関しては群を抜いていて、私たちにとても有益です。他紙が原発情報をあまり取り上げなくなった現在でも、『東京新聞』はきちんと原発報道を一面に持ってきます]。

 『東京新聞』の反権力姿勢は鮮明であり、必ずしもネタ元を警察に頼らないところがすばらしい。とはいえ、やはり盲目的に信じるということだけはしてはいけません。左だろうが右だろうが、政府に対する批判度が高いだろうが、低いだろうが、です。あくまで自分が「裏読みをする」ための材料に留めておいてください。どこがリークし、なぜその記事が出たのか?

 日本の記者クラブは横並び意識で、「誰かが書くまでは書かない」「誰かが書いたら一斉に書く」という構造があります(もちろんすべてではないだろうが)。みんなでメモを見せ合って、そして答えを教え合って書くのです。ですから、これらを「メモ合わせ」と呼んでいるのです。

 情報の大半が、いやほぼすべてが「人間それぞれの思惑」によって成り立ちます。冒頭に挙げた話はここにつながるのです。

 マスコミは警察から情報提供を打ち切られたらご飯が食えなくなります。だから警察の機嫌を損ねるような報道はできない。「そんなんでいい記事が書けるか!」と憤慨し、記者クラブが一致団結して反抗するということはありません。上記した「メモ合わせ」ほか、各社が他社よりも少しでも警察に気に入られて、少しでもいい情報をもらおうとすることもあります。

 もちろん警察だけじゃなく官庁もそうです。どうしても他社を出し抜いて評価されたいと思うのが人間。独自ネタを書きたいがために官庁のご機嫌取りに走るのです。「時間差特ダネ」と呼ばれるものは、いずれ発表されるネタを、他社の記者より早く自分だけにリークしてもらうというものです。記者クラブにいれば官庁発表の記事は自動的に書けます。努力するのは「ご機嫌取り」だけです。

 フリーランスが記者会見に出ようものなら、記者クラブが一致団結して妨害します。記者クラブは悪い意味での一致団結が好きなのです。政府は記者クラブさえ押さえておけば、いくらでも情報操作が可能となるのです。

 で、政府が押さえるのは記者クラブだけではありません。裁判所、検察、警察、そのすべてを押さえます。そして、それぞれ組織の内部構造自体にも問題があります。たとえば警察。警察の裏金が異動の際の餞別や懇親会費、冠婚葬祭費、接待費、タクシー代に使われているのは、内部告発者や元警官の証言からおおやけになっています。裏金は偽造領収書[カラ出張、捜査協力費(実際はいない)]などによって作り上げます

 警察は数字上の実績を上げるためにいろいろなことをします。いわゆる「点数稼ぎ」ってやつです。たとえば、「指名手配」にもカラクリがあり、被疑者を逮捕する際に、本当は特定の住所に住んでいることがわかっているにもかかわらず、住所不定ということにして、わざわざ指名手配してから逮捕します。また、検挙率を上げるため、被害届をあえて数に加えずに(分母を減らして)、逮捕することで検挙率を上げるのです。

 「拳銃の押収」という聞こえのいいものは、たいてい警察と暴力団の癒着で成り立っています。覚せい剤取締法違反を見逃すかわりに、拳銃を差し出させるのが常套手段なのです(郵便局では、ノルマをこなすために職員が自分で年賀はがきを買う、とうシステムがありますが警察も同じ。警官が身銭を切って暴力団関係者から拳銃を買う場合もあるのです)。そうやって実績を作っていくのです。

 警察には「クビなし拳銃」というものがあり(拳銃さえ押収できれば、持ち主は捕まえなくてもいい)、拳銃一丁摘発するごとに、警察庁から数十万円が捜査費名目でバックされます。

 ここまで書いてきて言いたいのは、結局、左や右というような概念にはなんら意味はない、ということです。要は、人間それぞれの利己心が土台にあり、それを偽装するために左や右が必要なのです。で、その利己心の登りつめていくと、支配につながるという、ただそれだけの話です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
人は歴史から学ぶ

でも…これは本当にそうでしょうか。学んだ部分も沢山ありますが、戦争は全く学んでおらず争いがたえません。
なんでもぅ何回も何回も何回も。

新聞はタブロイド紙ですが、日刊ゲンダイは職場の方が読んでいるので読ませてもらってます。
朝日は政府とプロレスやってると書いてるブログを見かけましたが、これはどの新聞でもやはり『自分がどう思うか』
をあてはめたら良いと思います。全てに共通しますね。鵜呑みにはせず、自分で考える事につきますね。

カジノ、週3回とかマイナンバーとか生体認証とか入場料などで騒いでるけど、週3回も通うのはすっかり依存症だと思います(゚-゚)
パチはもとより、カジノもケーサツは利権がらみになるでしょうね…
偽総理になりやたらショックドクトリンなニュースばかりになりました。芸能スポーツ、社会面。
LUNA
2018/03/08 06:48
確かに、人は歴史から何も学んでいないと思います。学べないんでしょうね、たぶん。歴史は人びとにとっての「綺麗ごと」なんじゃないでしょうか――。
日刊ゲンダイはいいですね。とにかく批判精神が旺盛な媒体は自分にとって有益になります(批判とは疑問を持つことですからね)。私はいつも、何かにつけては批判ばかりしているもんで、周りから「お前はいつも批判から入るな」と言われてしまってます。ですが、人間の本性を考えれば当たり前のことだと思います。批判から入って、「あれっ? 批判するところがないや」と思えば肯定すればいい。それだけの話。批判は、相手の主張をじっくりと、慎重に考える……いきなり肯定から入ってしまえば、それ以上のことは何も考えないでしょう。悲しいことに、世の中の人間の大半がこれです。
フリーランスの人にはがんばってもらわねば!
ガンジーの精神(管理人)
2018/03/08 08:26
今晩は*\(^o^)/*
左右にわけて、これは国対国の戦争もそうなりますね。正義を語り人頃し。
国内を左右2つにわけて争わせる組織は臀痛であろうと。例えば若者対高齢者。まだ色々あると思います。
落伍のなんとやらがTwitterで騒いでましたね、貧困は自分のせいだと。果たしてそうでしょうか。
労働に見合わない給与であり、重税と物価高、保険とかなんでも高い。
国怪であの偽ゾウリムシ(笑)がエンゲル係数発言、恐れ入りましたわ〜そのせいでWikipediaがおかしな事になってたようです。
誰かが誰かを操る、しかし操られてればウハウハなんですよ、カネと権力もらえますから。人がどうなろうと関係ない、自分がかわいいから、なんですよね。
assassins
2018/03/08 18:45
改憲改悪、緊急事態条項が((((;゚Д゚)))))))
ヤフーコメントは耕作員だらけだけど、緊急事態条項にはまともなコメが多かったです。
緊急事態にして予期ン封鎖…とかありましたよ。


時々、当て字にしてありますねm(_ _)m

こんなんも必ず使うから改悪にコミコミにしてあるんだろうが…。いや、使いたいからだ。
assassins
2018/03/08 18:51
佐川のこそ泥オヤヂが辞任の方向、近畿財務局職員が死亡。
やられたのかってチラっとは思いましたが。
assassins
2018/03/09 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間は神ではない以上、必ず情報に踊らされるA 憎しみの連鎖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる