憎しみの連鎖

アクセスカウンタ

zoom RSS トルコのクーデター未遂に翻弄される世界A

<<   作成日時 : 2016/08/10 23:02   >>

トラックバック 0 / コメント 10

はじめに

前回の続きとして、まずは次の記事を読んで下さい。意訳しました。

Failed Turkey Coup Revealed As False Flag Operation
「偽旗作戦」として失敗に終わったトルコのクーデター


It is becoming clear the New World Order – with Hillary Clinton installed as their next U.S. President – are embarking on a campaign of ultra-violent false flags in key parts of the world so that NWO endorsed politicians like Erdogan can take full control of their military and enact authoritarian rule over the people.
明らかに始まろうとしている新世界秩序は―ヒラリー・クリントンを彼らの次の米大統領として就任させて―世界の重要な地域での超暴力的な偽旗作戦キャンペーンに着手しています。NWOは軍を完全に掌握でき、そして強権的なルールを人々の上に制定できるエルドアンのような政治家を承認します。

画像
画像:http://www.thelastamericanvagabond.com/top-news/understanding-the-new-world-order/

Why didn’t they take the President hostage, or kill him outright?
なぜ反乱勢力はエルドアンを人質に取らなかったのか?または、なぜエルドアンを殺さなかったのか?

If they had control of the Air Force, why didn’t they intercept his plane while he was in the air? Everybody, even live TV viewers, knew exactly where he was on the flight radar.
もし反乱勢力が空軍をコントロール出来るなら、なぜ彼らはエルドアンが乗っている飛行機を奪わなかったのか?誰もが、テレビ視聴者でさえも、飛行レーダーでエルドアンがどこにいるか正確にわかっていた。
⇒管理人:ロイター通信などが伝えた元軍幹部の話によると、飛行中の大統領機を、少なくとも2機のF16戦闘機が視界に捉え、大統領機をロックオンしていたとのこと。前回の記事を参考にするなら、それはCIAの2人になります。

Why didn’t they arrest senior officials, like in any other coup?
なぜ反乱勢力は、他のクーデターのように政府高官を逮捕しなかったのか?

Why did they allow pro-government propaganda to continue broadcasting from the Turkish CNN office after they took control of it? Why didn’t they take control of the media and broadcast their message to the people, like in any real coup?
反乱勢力が権力を掌握した後に、なぜエルドアンは、トルコのCNNオフィスから政府支持のプロパガンダを放送し続けることができたのか?なぜ、反乱勢力は他のクーデターのように、メディアを掌握することで、自分たちのメッセージを人々に放送しなかったのか?
⇒管理人:反乱軍は、国営放送は押さえ、「軍が全権を掌握した」との声明を女性キャスターに読ませました。……なぜ民営のCNNは押さえなかったのでしょう。放送網を完全に掌握するのはクーデターの鉄則です。戦闘機やヘリコプターなどを確保するなど用意周到だったにも関わらず、なぜこのような初歩的な「ミス?」を?

Why did the military fail to release any declaration of their intent to overthrow the government, like in any other attempted coup?
なぜ軍は、他のクーデターのように、政府転覆を意図したいかなる解放宣言も失敗したのか?

Why did it seem like gunfire from the military was actually aimed at nothing?
実際は何も狙わなかったのに、なぜ軍隊からの発砲のように見えたのか?
⇒管理人:「何も狙わなかったのに……」というのは、無意味な暴力が相次いだということを言いたいのだと思います。この「無意味な暴力」という言葉は、トルコの政治体制に詳しい内藤正典教授が述べたものです。「今回のクーデターは国会や警察本部を空爆し、民間人の車を押しつぶした“無意味な暴力”だった」と。

How could a police force capture and disarm an army that had access to tanks, helicopters, and jets – and seemed totally dominant, with shows of strength in the air?
反乱勢力は、戦車、ヘリコプター、そして戦闘機にアクセス出来たことで、完全に空の力を誇示することが出来たのに、どのようにして警察は彼らの武装解除をすることが出来たのか?

And when Erdogan suddenly and unexpectedly returned from his exile in a Turkish Airways plane and suddenly and unexpectedly announced the coup was over, why did the military suddenly and unexpectedly lay down their weapons?
そして、エルドアンが突然に、そして予想外に亡命から戻ったとき、突然に、そして予想外にクーデターは終わったと発表したとき、なぜ反乱勢力は突然に、そして予想外に武器を捨てたのか?

The answer to all of the above questions is: because the supposed coup was always acting under President Erdogan’s control. It was all a charade, with a storyline less believable than your average soap opera plot.
上記の全ての問いに対する答えは、「常にエルドアン大統領の指揮下で演じられた、想定されたクーデターだった」ということだ。それが全ての謎解きだ。普通のホームドラマの筋書きよりも信じられるストーリーだ。

And now Fethullah Gülen, the reclusive cleric blamed by Erdogan for the failed coup, has said himself that he thinks the uprising by members of the military was staged by the government.
「クーデターに失敗した孤独な聖職者」としてエルドアンに非難されたフェトフッラー・ギュレン師は今、「軍のメンバーによる蜂起が政府によって上演された」と述べている
http://yournewswire.com/failed-turkey-coup-revealed-as-false-flag-operation/


ソーシャルネットは社会に対する主要な脅威

 今回のクーデター未遂はSNSに救われたと言えます。これが「ホントのクーデター未遂事件なら」という疑問符は付きますが……。
 『東京新聞』朝刊7/20付26面では、「鎮圧の立役者はスマホ?」というタイトルが付けられています。次に少し引用しますね。

 
<南西部のリゾート地マルマリスに滞在していたエルドアン大統領(中略)、まだ、占拠されていなかった民営のCNNトルコに連絡。生放送にテレビ電話を通じて出演し、「団結しよう。短時間で(クーデターによる)占拠は終わらせられる」と訴えた。
 一方、ユルドゥルム首相はツイッターで「政府機能は無事だ」と繰り返した。ギュル前大統領とダウトオール前首相も、それぞれCNNトルコとアルジャジーラにテレビ電話で出演して「クーデターは失敗」と強調。反乱軍を非難した。

画像
画像:http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12544.html 
 ネット上に「ドイツに逃れた」といった怪情報もあった大統領の姿を確認して、国民は呼応。各地で反乱軍の戦車や車両を取り囲み、クーデターは沈静化に向った>


……国民という武器を持たない民間人が、武器を持つ軍人を掌握した?おかしな話ですね。そもそもエルドアン大統領はSNS嫌いで有名でした。「ソーシャルネットワーク上で見つけることができるのは、素晴らしいウソの見本だ」と発言し、それは社会にとって最大の脅威であると語っていました。そんな彼は今回、SNSによって救われた……。まっ、危機的状況にあれば自分の言ったことなどいくらでも反故することでしょうけど、今回のクーデターは謎のオンパレードです。
 2010年末、チュニジアで青年が独裁政権に抗議して焼身自殺をしました。それによって大規模な抗議デモが起こり、それがエジプトやリビアに飛び火、民主化運動である「アラブの春」が起こりましたが、「大規模な抗議デモ」の火付け役となったのがSNSでした。「アラブの春」はアメリカが扇動したものだと言われています。アメリカの世界戦略のために、民主主義を輸出したのだと。詳しくは次のサイトに書かれています。
http://www.globalresearch.ca/the-arab-spring-made-in-the-usa/5484950

クーデターの黒幕は誰か?

 今回のクーデターは、アメリカとロシアが15日の外相会談で、アサド政権と反体制派の和平を実現する方策について合意を発表したタイミングで起きました……国際情勢は複雑怪奇であります。あらゆる可能性が考慮されますが、一つだけ言わせていただきたいのは、「誰がメリットを得るのか?」が大概の答えになるだろうということです。例えば、アサド政権と反体制派の和平が実現しようものなら、軍需産業が大損することは火を見るよりも明らかです。敵味方なしに戦争で儲けることが出来るのが軍需産業です。この世に戦争がなくなれば、確実に倒産するのが軍需産業です。この産業で働く人々には国境という概念はなく、戦争をしている敵味方両方に武器を売ります。武器商人というのは危機心理でご飯を食べています。だからこそ、世界が混沌となれば、それはもうおいしい商売なのです。ですから、マスメディアが流す情報を「意図的に危機を演出しているのではないか?」と見る必要があります。「イスラム国(IS)」は今や、世界のニュースの最重要事ですが、そのISも軍需産業にはお得意様と映ります。イランやイラクのメディアなどは、欧米がISに武器を提供していると主張しています。また、欧米がIS空爆をしていることに間違いはないが、「やってる感」を出すためだけであって、実際は効果のない無意味な空爆だと見ています。ISが使う武器はアメリカ製、ロシア製、中国製……と、軍需産業が暗躍しているのが丸出しです。政治家は、特にアメリカで言うと、ペンタゴンやCIAと一体化しているのです。つまりは、「軍産複合体」と呼ばれるものです。この利権ネットワークが外交防衛政策を動かしています。……だからと言って、トルコのクーデターの黒幕は軍産複合体と言っているのではありません。あくまで一つの見解です。

クルド人問題から見てみる

 クルド自治政府は、トルコ東南部ジェイハンまでのパイプラインと、そこから出航するタンカーに原油を積み込むことで、本格的な原油輸出を展開しています。その原油はイスラエル南部の都市アシュケロンに搬送されています。この事実に対してイラク政府は非難声明を出していました。「原油輸出は歳入の約9割を占めるため、自治政府の行為は“密輸に等しい暴挙”」と。しかも相手は宿敵イスラエル。トルコ自治政府は、今後の独立を視野に入れた財源確保の必要性を感じているのだと思われます。イスラエル、クルド自治政府双方が接近した形になります。「敵国のど真ん中に親イスラエル国家を樹立する意義は大きい」と、イスラエルの諜報機関「モサド」の元工作員ツァフリル氏は言いました。
 クルド人はトルコ、イラク、シリアなどに居住する少数民族であり、人口は約3000万人と言われています。「国家を持たない最大の民族」と言われ、イラク北部に自治区があり、自治政府による統治が行なわれているのが現状です。

画像
画像:http://luckylion.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_053/luckylion/20050530_3.gif

 クーデターは、ロシアと和解したトルコへの危機感から行なわれたと見ても不思議ではありませんが、そんな単純なものではないでしょう。
 「北大西洋条約機構(NATO)」は、ポーランドの首都ワルシャワでの首脳会議で、来年からポーランドとバルト三国に最大4000人規模の多国籍部隊を展開することを正式に決定しました。対ロ抑止力の強化を改めて打ち出した形となります。バルト三国にはロシア系住民が多く住んでおり、いずれロシアが、彼らの保護を理由に介入をするだろうと言われていました。トルコはNATOの一員でありながら、「ウクライナ危機」後、対ロ制裁に加わらなかったという歴史があります。また、トルコは何度もEU加盟を申請してきたのに、一向に前進していません。「EUを見限り、トルコはロシアに近づいたのだ」と思う人もいるでしょう。前述した「モサド」の元工作員ツァフリル氏の発言「敵国のど真ん中に親イスラエル国家を樹立する意義は大きい」を内在する理由で、CIAを軸にクーデターを企んだと見てもいいですが、やはり、エルドアンが乗った大統領機を撃墜しなかったという点に疑問が残ります。……では自作自演なのか?なぜ、そのようなことを……?ロシアの差し金?イスラエルやアメリカの思惑で、裏工作を用いてトルコに政治介入される前に全権を掌握したかった?いろいろ理由は考えられます。まさに複雑怪奇です。
 ロシア上院のコサチョフ国際問題委員長はフェイスブックに「欧州に第ニのベルリンの壁を築いた」と書き込みました。この第二のベルリンの壁が、東西冷戦の再燃を促してしまう可能性があります。……可能性?そういうシナリオなのかもしれません。

すべての答えは一つ

 過去、私は当ブログで『結局「例の輩たち」は世をどうしたいのか?』という記事を書きました(問題が起きて過去の記事はすべて削除したので今は見ることが出来ません)。その中で私が述べたことは、地球を我が家だと思っている人たち(輩)がおり、彼らは地球の頂点に立つために、あらゆる事象を起こし、介入し、あらゆる物事を掌握しようとしているということでした。地球を憂い、人口を減らすことも考えている彼ら輩たちは、遺伝子操作によって人口を人工的に減らすことも考えています。1980年代にHIVを発見したガロ博士は、人間の免疫を攻撃するウイルスや細菌を作る実験をしていました。米下院の議事録に、政府関係者が「鳥インフルエンザの兵器化がアジア各国で行なわれている」と記されていることを、ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏が取り上げました。同時に米共和党の「アメリカ新世紀プロジェクト(PNAC)」の論文に、「特定の遺伝子型をターゲットにできる生物兵器戦争を、テロの領域から政治的に有用なツールに転換できるかもしれない」と書かれていたことも。私の辿り着いた見解は、「この世には悪魔崇拝を行なう頭のイカれたエリート連中がおり、彼らは一般大衆を地球を破壊する「ムダ飯食い」と思っている」ということです。かつて、米元国防長官のロバート・マクナマラは、「世界最大の危機は人口増加である」とし、「人口が100億に達するのを防ぐには出生率を下げるか、死亡率を増大させるしかない」と言いました。そのためには核兵器の使用はもちろんだが、飢餓や病気や紛争でも人口を間引くことが出来ると。つまりは飢餓や病気や紛争を意図的に引き起こすと解釈できます。……この世は複雑怪奇です。当記事で何度も言いました。ビン・ラディン一族とブッシュ一族が、同一の投資銀行である「カーライル」で繋がるように、世の中は決して単純明快ではありません。以前、『イスラム国が「敵であり仲間でもある」理由』という記事を書きましたが、軍産複合体が、敵味方両方に武器を売るのと同じように、地球規模の支配を目論む彼らは、敵味方を人工的に作り上げては世間を煙に巻き、彼らの真理であるエリートによる地球支配を実現させたいのです。
 人口増と各国の経済成長により、地球の自然資源に限界があるというのが共通の認識として存在しています。国際NGO「ファーミング・ファースト」によると、世界の取水量は現在、4兆5000億トンであり、水の枯渇を招かない年間取水量4兆2000億トンを上回っているのです。「国連環境計画」は、水だけでなく、すべての自然資源に同じ問題があると見ています。だからこそ、資源に乏しい先進国は「ランド・ラッシュ」に走っているのです。ちなみに、「ランド・ラッシュ (Land Rush)」とは、1889年4月22日にアメリカ合衆国政府が入植を解禁したオクラホマに白人が未開の土地を求め殺到した現象を指しますが、21世紀の「ランド・ラッシュ」と呼ばれるものは、アフリカや南米、旧ソ連圏の未開発の農地を大掛かりに買収している現象を指します。「ランド・グラビング(土地収奪)」とも言われるのは、現地の住民に必要な食料の確保を無視して政府間で強引な取引きを行なうケースもあるからです(Wikipedea「ランド・ラッシュ」参照)。上記した内容をよく理解するために次の2冊の本をお勧めします(お勧めというか、ただ単に自分が読んだだけですけども)。

画像
画像:http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/7360/

画像
画像:http://www.tis-home.com/toru-kageyama/works/69

 ……で、話をトルコのクーデターに戻しますと、すべては最終目的のための付箋となるということです。そのためにあらゆる角度から歴史を操作していく必要があるのだと。だからこそ、世界中のジャーナリスら、情報に長ける方々の見解を寄せ集め、精査し、支配者層の目的を理解するために、一つのレールを築き上げなければなりませんが、それは至難の業であります。次回は科学的分野の記事を書きたいと思います。テーマは人工知能(AI)です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
難しいですね(T_T)
でも誰が得をするかを考えるのは当然ですね、しかも特定のグループだけが得をするのではなく、おそらく複数です。何か異変があってもNWOへ向かう1つなのでしょうね。
LUNA
2016/08/12 09:32
今日は日航123便の…。非常に無念です。悲しいです。ご冥福を祈りますm(_ _)m
assassins
2016/08/12 14:58
少し前から時々、OLDS か、OLDs の演説を目にしています。JR駅前でやってます。
ガンジーさん、来年から憲法記念日廃止だそうです…もぅ何も言わなくても、そのまんまですよ。大日本帝国憲法マニアの仕業です。
LUNA
2016/08/13 16:23
大日本帝国憲法マニア……確かにそうですね。日本をはじめ、マニアたちによって、世界は確実に悪い方向へ動いてます。LUNA さんは「マキャヴェッリアン」という言葉をご存知ですか?ニコロ・マキャヴェッリ的な……って感じで使われるのですが、「目的が手段を正当化する」として、狡猾で利己精神に犯されている者を指します。今の安部首相はまさにそのように見えます。マキャヴェッリは「国家の安寧は統治者の資質にかかっている」としましたが、安部首相の資質って何でしょう?アメリカに媚びへつらい、戦争を助長することが彼の資質です。マキャヴェッリは、「統治するためだったら謀略を働き、世間を欺いても問題ない」としました。逆にそれは尊敬されるべき懸命な手段なのだと。結果がよければ道徳性は関係ないとしたのです。でもそれは、彼らの結果であって、私たちの結果ではありません。エリートたちはこの温度差を理解できないのです。それは、地べたを這いつくばって生きてきたことがないから……。安部首相をはじめ、利他精神を持たない彼らは、もう一度「代議士」の意味を噛みしめたほうがいいです。
ガンジーの精神(管理人)
2016/08/15 00:22
マキャヴェッリ、君主論でルソーにも影響を与えたようです。上から目線で自己中心のように思えます。
ガンジーさん、私ちちは虫ケラとしか思われてません。それこそ無駄飯食いとしか…あらゆる方向から良くない物を食べるしかなく、使用するしかなく、病気にされお金どころか命まで搾取されているのが現状です。いつになったらみんな気づくんでしょうか。

夜のパートのスーパーに、40代の男性がいて原発は必要だと言ってました。太陽光発電だって毒性のある物質を使って作ってるし風力発電も問題があると。かと言って火力は高いし水力も弱い、とか色々。
おまけに、汚染にビビる放射脳とまで言われました。私としてはまだ脳が汚染されたままなのはそっちだと言いたいです。しかし、電力をどう維持するかが。足りてる、というのは詭弁だとも言われました。
ガンジーさんならどう答えるでしょうか…
LUNA
2016/08/16 07:41
その方はかなりの不勉強で、見事にプロパガンダされていると言えますね。原発を全停止していた際、あなたはローソクで過ごしていたのですね?って話です。
おまけに、火力よりも原子力のほうがお金がかかります。科学的データがそれを示します。彼のような単純で、よく調べもしない、思い込みの激しい人の主張が人を殺すのです。こういう方の特徴は、「都合の悪い話には耳をふさぐ」です。そしてそのような態度をとっている自分を隠し、いかにも反原発論者の話を聞きました……的な主張を作り上げます。「汚染にビビる」のも、科学的データが容赦なく突きつける現実があるからであって、逆に懸命であります。可能なら彼に言ってみて下さい、「福島での甲状腺ガン発症率が、ありえないほど異常な数値を示しているのをどう思うか?」と。もし、「因果関係を特定出来ない」などと言おうものなら、じゃあ、なぜそのような事態が起こっているのか考えを聞かせてくれと。この世に「絶対」はないですが、完膚なきまでの状況証拠という相対的データが、原子力の恐ろしさを露呈します。彼が、明らかに妄想の世界で生きていることだけは「絶対的」かもしれません。
ガンジーの精神(管理人)
2016/08/16 11:16
ガンジーさん、お見事m(_ _)m
甲状腺検査、縮小どうのとニュースでやってました。検査受けたら不利益になる、とか。己らが不利益の間違いですよ。
芸能界の解散騒ぎにオリンピック騒ぎで、沖縄の高江ポンコツお酢プレイや伊方また稼働がかき消されてます。伊方は法定稼働期間より更にこき使い50年にするとの話も。しかもMOXときた。なんと言うか、また飛ばしたいんだろうか…あの熊本地震があり、中央構造線が伊方の目と鼻の先ときた。
原発は地震に津波だけでなく、テロ攻撃にも弱いときた。
原発必要とは、もしや地球温暖化のせいでそんな事言ってるのでは⁈ 汚染を言うと違う毒性のブツ出してくるのは、論点ヅラしです、ときた(笑)
原発は発電するなら原発と呼び、兵器こしらえるなら核兵器工場とか施設とか核関連施設とか呼び方を変えてますが、発電所じゃないのは確か。あれは軍事施設、雨理科の。
assassins
2016/08/16 20:20
甲状腺も、今まで検査してなかったから増えたように思えるが、発症せずに一生をすごすから大丈夫だ、とかネットで見かけます。発症とは⁇ もうガンになってるのにそのままで済むという意味か⁇ 成長期である子供のガンがどんだけ早く進行するか、なぁんにも考えてないときた。
assassins
2016/08/16 20:32
伊方3号機、60年もありかな、なんて発言が出てますよ…
甲状腺、もう隠しきれないしだましきれなくなってますよ。数学の統計学の専門家はスクリーニングのせいではなく、被ばくのせいだとレポート出しましたよ。
assassins
2016/08/18 05:34
連続ですみません。
昨夜は兄と息子たちで約束していた、晩餐会でした。ファミレスで(・・;) ほぼ満席で、2つ先のテーブルにいた中高年グループがいて、除染業者でした。仕事はまだまだあるしカネにもなる、原発事故様様だとの発言が…様様って…。一気にご飯がマズくなりました。
assassins
2016/08/19 07:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
トルコのクーデター未遂に翻弄される世界A 憎しみの連鎖/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる